メニューを開く

NEWSニュース

前橋市民と自動運転について討議する「市民ダイアログ」を1月27日にオンライン開催

内閣府が実施する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」は、自動運転バスの実証実験が進められる群馬県前橋市で暮らす市民15人とともに身近な移動の課題や自動運転への期待などについて語り合う「市民ダイアログ」を1月27日(水)に開催します。新型コロナウイルス感染症への対策として、今回は初めてオンラインにて実施します。

 本件は2020年度 内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転(システムとサービスの拡張)/国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 委託事業です。

 1. 概要

 SIP自動運転(システムとサービスの拡張)では、自動運転の実用化と普及拡大により交通事故の低減や交通渋滞の緩和、地方部等における高齢者などの交通制約者の移動手段の確保、物流・移動サービスの効率化といった社会課題の解決を目指して研究開発を推進しています。

 この取り組みの一環として、さらなる自動運転の社会的受容性の醸成に向け、自動運転に関する市民の理解向上を目的に、市民を対象にしたシンポジウムや市民ダイアログを継続的に開催しています。

 今回の市民ダイアログは、前橋市内で進められる公道実証実験等により自動運転を身近に捉えている前橋市在住の高校生や大学生、主婦、高齢者、働き手世代の住民、公共交通の担い手らがSIP自動運転関係者を交えて対話形式でグループ討議を行います。討議では、身近な移動に関する課題やニーズ、自動運転への期待および不安、未来の前橋市の姿や移動のあり方について意見を出し合い、将来の自動運転社会のあり方について理解を深めることを目的とします。市民ダイアログの前段では、国立大学法人群馬大学の小木津武樹准教授、前橋市交通政策課、SIP自動運転関係者による講演も予定しています。

 なお、前橋市では215日から28日にかけて一般社団法人 ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構や群馬大学などが実施する自動運転バスの公道実証が予定されています。

 2. 開催概要

 ◆日時 令和3127日(水)午後1時00分から4時00分まで

 ◆開催方法 オンライン開催(Webex使用)

 ◆テーマ

     市民の日常生活や社会の課題解決に自動運転はどう役立つか
       ~MaaS 社会への変革と自動運転の役割~

 ◆ダイアログ参加者(敬称略)

  前橋市民(15名)
   ・高校生、大学生、主婦、高齢者、商工業者、郊外居住者、公共交通の担い手 等の方々

  SIP自動運転 関係者(4名)
   SIP自動運転・サービス実装推進ワーキンググループ主査:大口 敬
   SIP自動運転・サブプログラムディレクター:有本 建男
   SIP自動運転・構成員 モータージャーナリスト:岩貞 るみこ
   SIP自動運転・構成員 モータージャーナリスト:石井 昌道

 3. お問い合わせ先

取材をご希望される報道関係者は、事前のご連絡をお願いいたします。市民ダイアログにご視聴参加いただけるリンクをお渡しいたします。

 

株式会社 住商アビーム自動車総合研究所(担当:木村、海野)
TEL03-6285-7304080-5018-7922 
E-mailkimura@sc-abeam.com/ umino@sc-abeam.com

  

SIP自動運転(システムとサービスの拡張)のホームページはこちら

https://www.sip-adus.go.jp/

  

以上