メニューを開く

NEWSニュース

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 自動運転(システムとサービスの拡張) 「市民ダイアログ」の開催

2019年度 内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転(システムとサービスの拡張)/国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 委託事業

 

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
自動運転(システムとサービスの拡張)
「市民ダイアログ」の開催

 

自動運転に対する更なる社会的受容性の醸成に向け、道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点とした自動運転サービスの実証実験を実施した、長野県伊那市にて、「市民ダイアログ」を開催します。

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転(システムとサービスの拡張)では、更なる自動運転の社会的受容性の醸成に向け、自動運転に関する市民の理解向上を目的に、シンポジウムや市民ダイアログを開催してきました。

今回の市民ダイアログでは、伊那市の住民や交通・物流事業者約20名とSIP自度運転関係者3名及び有識者により、移動に関する課題やニーズ、自動運転への期待・不安について、対話形式でグループ討議を行い伊那市の理想の未来像について意見を出し合うことで、自動運転社会に対する理解を深めることを目指しています。

開催概要

◆日時 令和元年8月5日(月)午後1時30分から4時30分まで

◆場所 気の里ヘルスセンター栃の木(伊那市長谷非持544番地1)

◆参加者(敬称略)
   伊那市参加者(約20名)
   ・伊那市住民、交通事業者・物流事業者、産業界、医療従事者、免許返納(検討)者等

   SIP自動運転関係者(3名)
   ・SIP自動運転プログラムディレクター:葛巻清吾
   ・SIP自動運転サブプログラムディレクター:有本建男
   ・SIP自動運転推進委員会構成員・モータージャーナリスト:岩貞るみこ

   国際自動車ジャーナリスト:清水和夫

 

取材について

取材を希望される方は、開催会場の受付までお越しください。

 

(参考)SIP : Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program

総合科学技術・イノベーション会議が自らの司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野の枠を超えたマネジメントに主導的な役割を果たすことを通じて、科学技術イノベーションを実現するために創設したプログラムです。

 

<問合せ先>

本シンポジウムについて

株式会社 住商アビーム自動車総合研究所(担当:成田)
電 話:03-6285-5168
E-Mail: narita@sc-abeam.com

 

総合科学技術・イノベーション会議のホームページはこちら

SIP自動運転システムのホームページはこちら