本文へジャンプ

プレスリリース

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)  自動走行システム シンポジウム開催のお知らせ

 

 

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システム

シンポジウム開催のご案内

 

今回のテーマは「あなたと考える自動運転の安心・安全」

「東京モーターフェス2018」併催イベント

 

住商アビーム自動車総合研究所(本社:東京都中央区、社長:大森真也)は、このたび戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」とNEDOより本イベントの実施業務を受託いたしましたのでお知らせいたします。

 10月7日(日)、「東京モーターフェス2018」(日本自動車工業会主催)の併催イベントとして、「あなたと考える自動運転の安心・安全」をテーマに、自動運転に関する市民の理解を深めるため、シンポジウムを開催いたします。ついては、一般観覧者を募集いたしますのでお知らせいたします。

 

 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムでは、更なる自動走行システムの社会受容性の醸成に向け、自動運転に関する市民の理解向上と社会的受容性の醸成を目的にシンポジウムを開催します。

 本シンポジウムでは、「あなたと考える自動運転の安心・安全」をテーマに、国土交通省や警察庁、日本自動車工業会、大学・研究機関の各方面で安心・安全について取り組む専門家がパネルディスカッションを行い、「自動運転はどれだけ安全でなければならないか」などに関して議論します。

 産学官を代表する専門家による正確な情報提供の場を設けることで、市民の自動運転に対する不安を取り除き、正しい理解を深めることを目的としています。

観覧方法

◆事前登録制(定員に空きがある場合は、当日先着順で受付予定)
観覧を希望される方はこちらから申込みください:http://www.cpfine.com/sip-adus-sympo.html

◆入場無料

◆定員 300名程度 

取材について

取材を希望される方は、下記会場の自動走行システムシンポジウム受付までお越しください。

開催概要

◆ 日時 平成30年10月7日(日) 10:00~12:00 (開場9:30)

◆ 場所 東京国際交流館(東京都江東区青海2-2-1 国際研究交流大学村) 
  ゆりかもめ「船の科学館」東口より 徒歩約3分
  りんかい線「東京テレポート」駅B出口より 徒歩約15分

◆ テーマ 「あなたと考える自動運転の安心・安全」

◆ モデレーター

SIP自動走行システム推進委員会構成員 国際自動車ジャーナリスト 清水和夫氏

◆ 司会

SIP自動走行システム推進委員会構成員 モータージャーナリスト 岩貞るみこ氏

◆ 登壇者

SIP自動走行システム・プログラムディレクター 葛巻清吾氏
SIP自動走行システム・サブ・プログラムディレクター 有本建男氏
国土交通省 自動車局 技術政策課 自動運転戦略室長 平澤崇裕氏
警察庁 交通局交通企画課自動運転企画室長杉俊弘氏
日本自動車工業会 自動運転検討会主査 横山利夫氏
中京大学法科大学院教授 中川 由賀氏
東京農工大学 准教授 ポンサトーン・ラクシンチャラーンサク氏

(参考)SIP : Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、科学技術イノベーション創造のために、府省の枠や旧来の分野を超えて内閣府総合科学技術・イノベーション会議が実施している国家プロジェクト。プログラムディレクターを中心に産学官連携を図り、基礎研究から実用化・事業化まで見据えて一気通貫で研究開発を推進。

<問合せ先>

本シンポジウムについて

株式会社 住商アビーム自動車総合研究所(担当:成田、粟井)
電 話:03-5166-4600
E-Mail: scab-sympo@sc-abeam.com

総合科学技術・イノベーション会議のホームページはこちら 
http://www8.cao.go.jp/cstp/index.html

SIP自動走行システムのホームページはこちら
http://www.sip-adus.jp/ 

NEDO大規模実証実験のホームページはこちら
http://www.nedo.go.jp/activities/ZZJP_100125.html

メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ