本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(21)  『ココ1番のためのメンタルトレーニング』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。

……………………………………………………………………………………………

第21回 『ココ1番のためのメンタルトレーニング』

みなさん、「エビちゃん効果」とか「エビ売れ」という言葉を聞いたことありますか?「エビちゃん」こと、ファッションモデルの蛯原友里さんの人気が高く、彼女が雑誌の中で身につけた服やバッグが売れに売れたり、出演した CMの商品が大人気になる現象を、「エビちゃん効果」とか「エビ売れ」と言うんです。また、エビちゃんは特に 20~ 30 代の女性から絶大なる人気を得ていて、エビちゃんファッションやメイクを真似し、エビちゃんを崇拝する OL が多いそうです。そういう OL を「エビちゃん OL」と呼ぶんだとか。エビちゃんが「ピンクが好き」と言えば、エビちゃん OL たちはピンク色の商品を買い揃え、ピンク色が大流行するほどのカリスマ性を持っているんです。

では、なぜ、エビちゃんが若い女性たちから絶大なる人気を得ているのでしょうか。また、断然、男性ファンよりも女性ファンの方が多いのはどうしてなんでしょうか。エビちゃんと同じくらい、もしくはエビちゃんよりもかわいいモデルやタレント・女優は他にもたくさんいますよね。でも、なぜ、エビちゃんだけがそんなに人気を得ているんでしょうか。

私も、エビちゃんはとってもかわいいと思います。崇拝するほどではないけれど、エビちゃんファッションを見て、真似したくなる気持ちなります。そんなエビちゃんは、モデルなんだけど痩せすぎでもなく、もちろん太ってもいなく、適度に筋肉もある均整のとれたプロポーションを持っていて、笑顔もチャーミングな魅力的な女性だと思います。でも、目鼻立ちが整った絶世の美人かと言われれば、そんなことはなく(エビちゃんファンの方、ごめんなさい!!)、どちらかと言うと親しみやすくかわいらしい女性だと思うんです。私たち一般の女性が、「私でも頑張ってエビちゃんの真似をすれば、なんとかエビちゃんっぽくなれそうな気がする」。そんなふうに身近に思えるモデルさんなんです。要するに、ふつーっぽいんです。だから、女性たちはエビちゃんを目指し、崇拝するんだと思います。

最近、とても驚いたことがあるんです。それは、最近の合コン(合同コンパ)事情。合コンで知り合った人の中に、「またこの人と会いたいなぁ」と思う人がいた場合、男性からではなく女性の方からデートに誘うことの方が最近は多いそうなんですよ。最近の女性は随分と積極的なんですね。驚きました。そして、女性からデートにお誘いした場合、かなりの確率で OK の返事が来るそうです。ということは、女性からお誘いした方が話が上手く行くということなのでしょうか???最近の男性が女性化しているのか、女性が男性化しているのかわかりませんが、自分の気持ちの赴くままに行動できる女性を素直にうらやましいと思ってしまう私です。

その積極的な女性たちがデートに誘う男性ですが、おそらく、その時の男性合コンメンバーのうち、2 番目くらいにカッコイイ人に集中していると、私は予想します。1 番カッコイイ人だと、「こんなステキな人に彼女がいないわけないよなぁ・・・」とか、「 カッコ良すぎて私には不釣合いだわ・・・」と尻込みをしてしまうんです。「この人くらいなら、誘ってもきっと OK してくれそう!」という雰囲気を持っている人が、合コンでは 1 番モテるんです。

さて、そんな、自ら男性をデートにお誘いできる女性たちと、エビちゃんを目指す女性たちの行動には、何か共通するものがあると思うんです。

人間には、自分を守ろうとする「自己防衛」の本能があります。自分が傷つかないように、自分の努力や行動が結果として無駄にならないようにと、無意識のうちに考えて判断し、行動していると思うんです。要するに、不安なことや自信のないことには手を出さないというような消極的な行動をとる本能です。だから、デートのお誘いができる女性も、エビちゃんの真似をしている女性も、「可能性が低いことではない」と頭のどこかで認識し、自信がそこそこあるから行動に出ているんだと思うんです。

しかし、ビジネスの上では、自己防衛本能を意識的に働かせないようにしなくてはならない時ってあると思うんです。不安があっても自信がなくても、行動に出なくてはならない時です。例えば、上司の承諾を取らなければならない時、お客様に YES と言ってもらえるように説明しなくてはならない時など、ココ 1 番の能力を発揮しなくてはならない時です。

「できないかも」と思うよりも「できるかも」、「失敗したらどうしよう」と思うよりも「上手く行くにちがいない」というふうに、日ごろから何事もポジティブに考え、それを信じて行動を開始し、成功を重ねていくことが、ビジネスの上で自己防衛本能を働かせないようにするためのメンタルトレーニングの初歩なのかもしれません。

また、エビちゃん OL やデートのお誘いができる女性たちのように、自信のあるところからまず行動を起こし、経験を積み重ね、脳の回路を常に「上手く行く回路」へと意識的に働かせて自分を納得させていくことが、ココ1番のためのメンタルトレーニングには効果大のような気がします。自分の持つ最高能力をコンスタントに出せるようになるには、そんな一見くだらなく思える日ごろのメンタルトレーニングが、実は大きなカギになっているのかもしれませんね。

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ