本文へジャンプ

業界アンケート

今、あらためて、日本自動車産業の「ものづくり」について考えよう

 自動車業界で関心が高いテーマを設定し、アンケートをさせて頂きます。翌月、
ご回答頂いた皆様の声をもとにそのレポートを発表致します。 

 今月のテーマは「日本自動車産業の『ものづくり』」についてです。皆様の
率直なご意見をお待ちしております。

日本自動車産業の『ものづくり』
(アンケート実施 : 2015年8月18日配信メールマガジン)   

                                              
質問 

 「ものづくり」は、特に1990年代以降、日本の強さの象徴、または、「お家
芸」とすら呼ばれてきました。特に、日本の自動車産業においては、「ものづ
くり」は恰も日本車の代名詞であるかの様な輝きを持っていました。

 しかし、昨今、一寸雲行きが変わってきてはいませんでしょうか。「ものづ
くり」という言葉を嘗て程は耳にしなくなった、と筆者は感じています。代わ
りに頻繁に耳にするのは、数々のリコール問題等、そしてその中身も、「ソフ
トウェアに起因したセキュリティ問題」等、嘗てないコンセプトも出てきまし
た。

 つまり、今、日本の、自動車産業の「ものづくり」自体も大きな曲がり角を
迎えているのではないでしょうか。ここで、日本自動車産業の「ものづくり」
が置かれた状況を鑑み、抱える課題、あるべき方向性を考えることは価値があ
るものと考えております。

 そこで、読者の皆様にご意見をお願いします。以下に挙げます点は何れも日
本車の「ものづくり」にとって重要な課題ではありますが、これらの中で、特
に重要で、将来に向けての変革の突破口となり、日本のリーダーシップに期待
するものはどれでしょうか。以下選択肢の中から最も当てはまると思われるも
のを一つお選び下さい(また、本件に関しての皆様からの御意見、コメントも
大歓迎です)。

1. 世界をリードする高品質の確保と、信頼性の奪還。

2. 自グローバル競争をリードするコスト競争力の発揮。

3. 高度な効率化と安全性を兼ね備えた生産体制の追求。

4. ものづくりの源流となる、優れた製品開発能力、新たなアイデア力の発揮。

5. その他  
   

アンケート結果

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ