本文へジャンプ

業界アンケート

自動車の大きさ・重さ

自動車業界で関心が高いテーマを設定し、アンケートをさせて頂きます。
翌月、ご回答頂いた皆様の声をもとにそのレポートを発表致します。

今月のテーマは「自動車の大きさ・重さ」です。
皆様の率直なご意見をお待ちしています。


 

自動車の大きさ・重さ
(アンケート実施 : 2014年12月16日配信メールマガジン)   

                                              
質問 

  

 ふと気が付いてみると、いつの間にか私どもが日本国内で接するクルマ(乗
用車)は、過去数十年の期間を経て、すっかり大きく立派になりました。
 かつて「大衆車」と呼ばれたクラスの車種でも「全幅1.7m以下」という制約
を超えていわゆる「3ナンバー車」になっているものが少なからずありますし、
ミニバンなどでは「車両重量1.5トン」を超えるモデルも珍しくありません。
ゆったりとしたサイズのクルマは格好も良く、押し並べて居住性も高く、また
安全性の向上に有利であることは想像に難くありませんので、それらの観点か
らは大型化の流れは当然といえるのかもしれません。
 しかしその一方で税負担の増加、取り回し性(運転や駐車のし易さ)の低下、
重量増による燃料消費の増加等のデメリットも複数あり、往々にしてそれらは
実際にクルマを所有/使用してみて初めて実感させられるものです。

 それでは現在、自動車を所有/使用される局面において「大きさ・重さ」に
関連して最も気にされる あるいは 鍵になると感じておられる要素は何でし
ょうか。今回は以下5つの代表的な要素を設定しましたので、それらの中から
お選びください。

1.  全長

2.全幅 

3.全高

4.車両重量

5.その他
 
    

アンケート結果

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ