本文へジャンプ

業界アンケート

国内市場における輸入車販売の好調要因について

 

自動車業界で関心が高いテーマを設定し、アンケートをさせて頂きます。
翌月、ご回答頂いた皆様の声をもとにそのレポートを発表致します。

今月のテーマは「国内市場における輸入車販売の好調要因について」
です。皆様の率直なご意見をお待ちしています。

                                               

国内市場における輸入車販売の好調要因について
(アンケート実施 : 2013年11
月19日配信メールマガジン) 
    

                                              
質問 

  

2013年 1月~10月累計で、登録車市場全体が前年を割り込んでいる(前年同期
比▲6.8 %)のに対し、輸入車販売台数(外国車メーカー)は前年を大きく上
回っています(前年同期比+15.5 %)。

登録台数における外国車メーカーのシェアで見ると、2013年 1月~ 10月累計で
市場の 8.2 %を占めており、通年での過去最高記録も視野に入っています。

このような外国車メーカー販売の好調要因は何にあるのでしょうか。以下の
中から最も当てはまると思われるものをお選びください。 
 
1.環境技術やデザイン等、魅力ある商品の投入

2.車両価格の低いセグメントへのラインナップ拡大

3.販売ネットワークの整備・拡充

4.アベノミクス等による経済の復調を受けた所得水準の向上

5. その他

   

アンケート結果

 

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ