本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(58)  『「自分流」のバレンタインデーとホワイトデー』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。
……………………………………………………………………………………………

第58回 『「自分流」のバレンタインデーとホワイトデー』

私は女性なのに、今年のバレンタインにチョコを 3個ももらっちゃいました。全部、同性である女性からの贈り物です。一つは高校時代の友達から、一つはヴァイオリニストの友達から、最後の一つは会社の後輩からです。もらった瞬間、「え?バレンタインって女性から男性にチョコを贈るものでしょ?」と不思議な気持ちになりましたが、最近は、どうやら女性から女性に贈るチョコも流行っているそうなんです。このように女性同士でチョコを贈り合うことを「友チョコ」と言うそうなんですよ。

また、誰かに贈るためではなくて、日頃頑張っている自分へのごほうびとして自分用に買うチョコのことを「マイチョコ」とか「ごほうびチョコ」と言うそうなんです。なんだか、いろんなチョコがあって、目的別に選ぶだけでも楽しくなりますよね。

さて、このような「友チョコ」や「マイチョコ」「ごぼうびチョコ」という言葉は、最近よく聞くようになった言葉で、数年前には聞かなかったように思います。以前は、意中の人に告白する時に渡すチョコを「本命チョコ」と言い、それ以外の会社の上司や同僚や男性の友人に贈るチョコを「義理チョコ」と言っていましたよね。しかし、最近は「本命チョコ」や「義理チョコ」という言葉を耳にする方が少ないような気がしてきました。女性は皆、一般的に浸透してきたバレンタインデーの風習を「自分流」に変えてしまっているんですね。

 

「自分流」と言えば、最近は、旅行代理店が企画するパックツアーも、自分で往復の交通手段や時間、それにホテルもたくさんの中から選択することができ、パックツアーと言えども選択肢がとても多いんですよ。一から自分で手配する個人旅行と大差なく自由な旅行が楽しめるんです。それでいて、料金はパック料金ですからとてもお得で、わがままな女性にはとても嬉しい企画なんです。

また、ユニクロのフリースやソフトバンクの携帯電話などは、多彩なカラーバリエーションが揃っているので自分の好きな色にめぐり合え、「自分流」をアピールできます。それに、きれいな色がたくさん揃っているので、陳列している商品をただ見ているだけでも楽しいものです。ちょっと前までは、色の選択肢はせいぜい黒・白・赤・青・グレー・ピンクぐらいでしたよね。「この色しかないなら無難な白にしておこうかなぁ」とか、「これしか選択肢がないなら汚れが目立たない黒にしておこうかなぁ」というように、選ぶ時の妥協が多くて、しょうがなく、ファッション性よりも機能性を重視して選んでいたように思います。それが、今は何十色もある中から選べるんですから、自分の好きな色を身につけてオリジナリティを主張することができるんです。

これは、以前よりも、多くの人が自分のモノを「自分流」にしたいという願望が強くなってきた証拠だと思うんです。「型にはまったこと」では満足できない人が増えてきているんです。だから、女性はバレンタインデーの風習まで「自分流」にしてしまって、友チョコやマイチョコといった「自分流」のチョコの渡し方を作ってしまっているんですよね。
ところで、私は、前職の三菱商事勤務時代に、上司や同僚からよく「宇宙人」と言われていました。「佐藤さんは『宇宙人』だね」と。

どうやら私は、突拍子もないことをよく言い出していたそうなんです。常識から外れているというか発想が豊かというか、とにかく、斬新なアイデアを恥ずかしげもなく発言していたそうなんです。たまに度が行き過ぎて何を言っているのかわからないことがあり、だから「宇宙人」なんだそうです。しかし、「宇宙人」と言われることは、からかわれているのか褒められているのか微妙なところですよね・・・。でも、私はとても誇りに思っています。だって、一般的なことや常識にはまったことを追求したければ、本やネットで調べればいいだけです。そうではなく、みんなを驚かす視点で意見を言っていたんですから、そこは自負してもいいと思うのです。

世の中には様々なルールがあり、それに則っていかなければ秩序はメチャクチャになってしまいます。だから、ルールを守ることは大切なことだということは十分わかっています。でも、そのルールに捉われすぎていると、思い切った発想や斬新なアイデアは浮かんでこないと思うんです。つまり、世の中のルールや会社のきまりごとなどを一度全部頭の中から消してみて、それに捉われずに自由な発想でまず物事を考えてみることが、本当の「自分流」になるんじゃないのかなぁと思うのです。そして、その自由な発想の中で浮かんだアイデアを実現させるためにはどうやってルールやきまりごとと折り合いをつけるかと逆に考えていく方が、本当にやりたいことを実現できる可能性が高いと思うのです。最初から常識や既成概念に捉われてしまったら、みんなが「なるほど!」と思うような思い切った考えなんて生まれてこないと思うからです。私の「自分流」の発想方法は、こんなふうに「まずは何も規制を考慮せずに考えること」で、そしてそれが「宇宙人的発想」を生んでいたのです。

最近は、「一般的がいい」、「みんなと同じがいい」なんていう風潮はあまりなく、自分流に生きる方がカッコイイ時代ですよね。ファッションでもアイデアでも、「自分流」が「個性」として認められる時代になったと思うんです。だから、節度を守っていれば、どんどん「自分流」を主張していくべきだと私は思います。

さて、バレンタインデーが過ぎ、次は 3月 14日のホワイトデーですね。ホワイトデーとは、バレンタインデーのチョコのお返しに、男性から女性にキャンディーやマシュマロなどを贈る日ですが、今年は男性の「自分流ホワイトデー」が流行ることを期待しちゃいます。女性の「友チョコ」と同様に、男性同士でキャンディーやマシュマロなどのスイーツを贈り合う「友スイーツ」なんて流行っちゃったりして!と想像しましたが、男性同士だとちょっと変ですね。男性同士だと、やっぱり「お酒」になるんでしょうか?だとすると、「友飲み?」これもちょっと変ですよね???だって、仕事帰りのいつもの一杯と変わりないですからね。では、忙しいお父さんが、一年に一度、家族のためにたくさんのスイーツを買って早くお家に帰る日として「家族スイーツの日」にしてしまうのはどうでしょうか?ホワイトデーに、たくさんのスイーツで家族に「あま~い生活」を贈ってしまうなんて、とてもステキな「自分流」だと思いませんか?

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ