本文へジャンプ

コラム

脇道ナビ (40)  『早起きのヒミツ』

自動車業界を始め、複数の業界にわたり経験豊富なコンセプトデザイナーの岸田能和氏が、日常生活のトピックから商品企画のヒントを綴るコーナーです。

【筆者紹介】
コンセプト・デザイナー。1953年生まれ。多摩美大卒。カメラ、住宅メーカーを経て、1982年に自動車メーカーに入社。デザイン実務、部門戦略、商品企画などを担当。2001年に同社を希望退職。現在は複数の業界や職種の経験で得た発想や視点を生かし、メーカー各社のものづくりに黒子として関わっている。著書に「ものづくりのヒント」(かんき出版)がある

……………………………………………………………………………………………

第40回 『早起きのヒミツ』

ここのところ、どんなに夜更かしをしても朝 5時くらいには起きている。それも、目覚まし時計を使わずに。それは、我が家にいる猫の”じゃじゃまる”が起こしてくれるからである。彼は、朝の 5時頃になると決まって私の足を引っかきにくる。引っかいたあとは、私の顔を見に来て、起きているかどうかを確認する。それでも、起きないでいると、枕もとにやってきて、私の顔に軽く爪を立てる。そうなると、いくら眠くても起きずにはいられない。たまに、ふとんに潜り込んで、攻撃をかわすこともあるが、敵もさるもの引っかくものである。ベッドの横にある棚からラジオやら本を床に落とし始める。そうなると、白旗を揚げて、起き上がるしかない。すると、しっぽを膨らませ、「みゃあ、みゃあ」と甘えた声を出しながら、私を下の階へいざなう。私がモタモタと降りていると、「早く降りてこい!」とばかりに振り向いて「みゃあ」となく。彼は、一分でも早く朝ごはんが食べたいのだ。眠気まなこで、朝ごはんをあげると、彼はそそくさと食べる。問題はそのあとだ。食べ終わると、私などに見向きもせず、窓辺に行って外を眺めている。早起きして、ごはんを用意してあげた私に一言くらい、挨拶があっても良いと思うのだが、そんなそぶりは一切ない。

前置き(?)が長くなったが、私がどんなに眠くても起きているのは、なぜだろうか。それは、毎朝、”じゃじゃまる”が迷わずに私のところへきてくれることがウレシイのである。つまり、”じゃじゃまる”が「私のことを必要としてくれる」という思いが、私を起こすエネルギーになっている。

たまにはユーザーもメーカーに対し「みゃあ、みゃあ」と甘えた声を出してみてはどうだろう。

「世の中にはいろいろなメーカーがあるし、価格ももっと安いところもあるけど、あなたのメーカーのここが一番気に入っている。大ファンです」などと、真顔で言われたら、誰でもウレシクなる。すると、「そこまで、私たちのメーカーを必要だと思っているのなら、もっとスバラシイモノを作ってみよう」と思うのが人情だろう。

相手に対して、不満をぶつけて改善を要求するのも大切だが、後味の良いものではない。反対に、相手の良いところを誉めたり、気に入っているところ伝えたりすることで、自分自身もの気持ちも晴れやかになる。その上、相手が、その気なって、がんばろうと思い、さらに良いものを作り始めれば、しめたものだ。そんなファンがいたからこそ、個性的で競争力のあるメーカーに成長した例は多い。

<岸田 能和>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ