本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(36)  『あじさい電車』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。

……………………………………………………………………………………………

第 36 回 『あじさい電車』

小さい頃、雨が降ると楽しみだったことがありました。それは、自慢のワンタッチ傘を差し、新品の長靴を履き、お気に入りのレインコートを着て、同じ幼稚園に通う近所のお友達の家に、「雨の日ファッション」を見せに行くんです。そしてその後、そのお友達と一緒に、自慢の雨の日ファッションで外へ遊びに行きます。雨の日に外で何をして遊ぶかと言えば、雨でできた大きな水たまりに、高いところから思いっきりジャンプをして飛び込んで遊ぶのです。(私はヤンチャ娘でした・・・。)当然、そんなことをすれば、傘・長靴・レインコートという重装備でも、中までビショビショになってしまいます。それでも、家に帰るや否や、母に、「雨がいっぱい降っていたからこんなに濡れちゃった~」と苦しい言い訳をすれば、怒られなくて済んだのです。外を見れば小降りの雨です。母には嘘バレバレの言い訳です。でも母は、「風邪ひいちゃうから早く着替えなさい。」としか言わなかったのです。だから、私は小さい頃、雨の日は、「雨の日ファッション」を楽しめる上に、正々堂々と「水たまりジャンプ」ができるので、心の中で「やった~!」と叫んでいたのです。

そんな私が大人になった今、「水たまりジャンプ」のほかに、雨の日に正々堂々とできると思っていることが 1 つだけあります。なんだと思いますか?それは、家で、ゴロゴロダラダラしながら、ボ~っとテレビや DVD を観たり、好きな CD を聴いたりして過ごすことです。私は、運動をして体を動かすことも好きですが、ボ~っとして何も考えないでいることに幸せを感じる時もあります。でも、こういう過ごし方をお天気の良い日にしてしまうと罪悪感に駆られてしまうのですが、これが雨の日だと、なんだか正々堂々とできるような気がするんです。だから、私は、雨の日も意外と好きだったりします。それに、少しまじめなことを言えば、梅雨時の雨は、日照りの続く夏に控えての恵みの雨でもあるわけですから、降ってもらわないと水不足になり、深刻な問題になってしまいますよね。

しかし、そんな私でも、どんよりとした日が続く今の時期、梅雨のジメジメした季節は、やっぱり好きではありません。暑くて湿度が高いと、不快指数が頂点に達してしまいます。雨の日の通勤は、傘を差しても風のせいでお洋服は濡れるし、靴だってビショビショに濡れてしまいます。それに、電車は普段よりも混むし、傘を持っているせいで片手が塞がり、新聞も読めません。そんな邪魔者扱いをした傘を手すりに掛けてしまえば、降りる時に電車の中に忘れてしまうことも・・・。こんなふうに、雨のせいでストレスを感じることが多いのです。女性にとっては、湿度のせいで髪が広がりやすくなって髪型が決まらなかったり、お化粧だってノリが悪くなり、美容にも良くない時期なんです。みなさんは、何かとストレスを感じる雨の日を快適に過ごす何か良い方法をご存じですか?

本をたくさん買い込んで家でひたすら読書をするとか、映画館や美術館に行って芸術に触れるという方もいるかもしれません。雨だと割り切って、日ごろの疲れを癒しても良いかもしれませんね。雨が降っても体を動かしたいという人は、インドアスポーツを楽しむとか、一歩も外には出たくないけど体が鈍るのはイヤだ!という人は、家で、今流行りの、ビリー・ブランクスの「ビリーズ ブート キャンプ」に挑戦し、夏に向けてダイエットに励んでもいいかもしれません。そうそう、雨の日は、デートで「あいあい傘」ができ、肩寄せ合って親密度が高まり、晴れの日のデートにはないワクワク感を楽しめるかもしれませんね。

私の場合は、梅雨時の新たな楽しみとして、「あじさい」を発見しました。先日、お花屋さんの前を通りかかった時、ふと、あじさいに目が止まったんです。あじさいは、雨に打たれるとすごく綺麗な花で、陽の光よりも雨の方がずっと似合います。だからこの時期のあじさいは、お花屋さんにあるどの花よりも生き生きとして見えたんです。また、あじさいは、土壌や肥料の関係で、花の色が、青や藤色・薄いピンク色などに変化をするとても色鮮やかな花ですよね。そんなあじさいの美しさに見とれていると、梅雨の憂鬱な気分を一瞬忘れさせてくれるものです。

同じ日の夜、テレビを見ていたら、タイミング良く「あじさい電車」という愛称で親しまれているある電車を紹介していて、思わず見入ってしまいました。みなさん、この電車をご存じですか?毎年、6月中旬頃から 7月の中旬頃までの間、箱根登山鉄道は、沿線に咲くあじさいの中を走ることから、「あじさい電車」と呼ばれているそうなんです。「あじさい電車」とは夢があってかわいらしいネーミングですよね。毎年、梅雨の時期は、この「あじさい電車」の車窓から、約 10,000 株ものあじさいを鑑賞できるそうなんです。昼間は明るくさわやかなあじさいを、夜はライトアップされた神秘的なあじさいが楽しめるのです。この時期ならではの風物詩ですね。テレビで見た 10,000 株のあじさいは、迫力がありとても美しいものでした。特に、夜のあじさいは、とても幻想的な光景でした。
私は、今度の週末、この「あじさい電車」に乗って、今の時期限定の幻想的なあじさいを鑑賞する予定です。雨が降ってくれれば、あじさいの美しさがいっそう引き立つので、今度の週末は雨が降らないかなぁと密かに願っています。前日の夜は、てるてる坊主を逆さに吊るしてから寝なくちゃ!

天気だけじゃなく、人には、どうやっても仕事が手につかないとか、恋愛がうまくいかないといった「心の梅雨」がありますよね。そんな時に、気分もどんよりさせてしまうのではなく、それを逆手にとって、楽しみやパワーに変えてしまうことができれば最高だと思うんです。どうやったらそういうことができるのか、「あじさい電車」に乗りながら、ちょっと考えてみようと思います。

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ