本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(30)  『本当にカッコいい人のところには・・・』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。

……………………………………………………………………………………………

第30回 『本当にカッコいい人のところには・・・』

飲酒運転の取り締まりが厳しくなって以来、多くの飲食店では、焼酎の代わりに炭酸水などを使うなどして、ノンアルコールのカクテルメニューを豊富に加えたそうです。車の運転をする男性が飲むことを想定したメニューのはずが、意外にも、若い女性に大人気だという話を聞いたことがあります。甘くて美味しい上に、色がカラフルで見た目もカッコ良くて、好評を得ているんだそうです。お酒にではなく、雰囲気に酔うんですね。みなさんも、こんなふうに、自分自身をおしゃれでカッコいいシチュエーションに置くことって好きではありませんか?

それでは、シチュエーションではなく、「自分自身」についてはどう思いますか?自分自身については「カッコいい」と思いますか?それとも、「 カッコ悪い 」と思いますか?

誰にでも、自分は良く見られたいという欲求があるのは当然ですから、少しくらいはカッコいいと思っているのが普通です。また、カッコ悪い人になりたいと思っている人なんているはずがないので、カッコいい人になりたい!という願望を潜在的に持っていると思います。

ただ単に、外見的にカッコ良く見せたい、カッコ良く見られたいと思うなら、身だしなみに気を付けたりして清潔感を出す努力をすればいいだけです。でも、見た目がカッコ良くても、話をしてみると百年の恋も冷めるくらい魅力が激減する男性ってよくいるんですよ。どんな男性だと思いますか?

それは、「やたらとカッコつける人」です。背伸びをして、自分を大きく見せようとしている人です。「オレはすごいんだオーラが全開な人」、また、「知識や経験だけで女性を打ち負かそうとする人」がその典型です。そんな人と恋愛をしたとしても、窮屈な恋愛が待っているだけなので、たった一度のデートで恋愛の対象から外れます。「カッコつける男性」は、女性からは好感を持たれないのです。

「これができるからカッコいい」、「これを持っているからカッコいい」というように、独自の基準だけでカッコ良さを判断して自分を大きく見せようとしている男性は、カッコ悪いのです。私は、「本当にカッコいい男性」とは、「自分の気持ちを素直に言える男性」だと思うんです。例えば、初めてデートする時などに緊張しているのであれば、「今日はなんだか緊張しちゃって、すごくドキドキしちゃっているんだよね」と素直に今の自分の心境を語れる人。また、「僕、あんまり美味しいレストランを知らないのでセンスが無いかもしれないけど、そこんとこは許してね」と前もって自分の苦手分野を正直に言って恥をかけるような人です。女性は、こういう男性には自然と好感を持ち、好奇心が沸いてくるものです。

そして、相手の意見をすんなりと受け入れられる、そんな、心に余裕のある男性もカッコいいと思います。相手の意見が自分の意見と違っていた場合に、それを否定するのではなく、「なるほど、確かにそういう考えもあるね」と柔軟に相手の考えを受け入れられる男性は包容力もあり、断然カッコいいのです。

更に、「本当にカッコいい男性」には、「自信」と「謙虚さ」が兼ね備わっていると思うんです。「自信」と「謙虚さ」のバランスが、その人を等身大以上に見せてくれるような気がします。

これらのカッコ良さは、男性に限らず、女性にも当てはまりますよね。自分の気持ちを素直に言える女性、そして「自信」と「謙虚さ」を兼ね備えた女性を想像してみてください。とてもかわいらしく、魅力的な女性だと思いませんか?

また、「年代」によってもカッコ良さには違いがあると思うんです。20 代の男性が、40 代の男性のカッコ良さを作ろうとしても、到底無理です。「自信」とは、経験がなければ生まれてこないので、いろんな経験を持つ、年を重ねた男性の方が「自信」があるのは当然です。年を重ねた男性のカッコ良さ・渋さは、きっとこういうところから来ているんですね。

男女を問わず、相手に「好感」を持ってもらえるような「カッコ良さ」を持っている人は、モテるんです。でもこれって、恋愛に限らず、仕事を始め、いろんな人間関係を築くことにも必要なカッコ良さだと思うんです。カッコつけている人ではなく、「本当にカッコいい人」のところには、恋の話はもちろん、ビジネスの話も自然とたくさん舞い込んでくる法則があるんですね。

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ