本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(15)  『第一印象を良くするために』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。

……………………………………………………………………………………………

第15回 『第一印象を良くするために』

みなさんは、一目惚れってしたことありますか?一目見た瞬間に稲妻が走るようなあの衝撃を、味わったことがありますか?一目見ただけでは、その人の性格や価値観なんてわからないはずです。でも、一目惚れした人のことを、「きっと良い性格に決まっている」と思い込んだりしませんか。また、一目惚れした人と、なんとか接点を見つけて近づき、話をしてみたいと思いますよね。一目惚れをする時の脳内のメカニズムはよくわかりませんが、こんなふうに人は外見だけで直感的な印象を与えること、また、第一印象で好感を持った人とまた会いたい、話をしてみたいと思うことは間違いないと思います。

各種の研究によると、人の第一印象が決まるまでの時間は、10~ 15秒程度なんだそうです。とても短いですよね。その上、その一瞬で決まった第一印象は、いつまでもその人の心の中に刻まれてしまい、そう簡単には修正されることはないのだそうです。つまり、人と良い関係を築きたいと思うなら、第一印象を良くするに限る、ということです。

これは、ビジネスの上でも当てはまることで、初対面の人に、良い第一印象を持ってもらうことは最初の関門だと思います。相手がお客様の場合、第一印象で良い印象を持ってもらえれば、その後に進めるビジネスの話もスムーズに運ぶはずです。では、第一印象で好印象を持ってもらうにはどうしたら良いと思いますか。みなさんは、初対面の人と会う時に、何か気を付けていることってありますか?

よく、就職試験用のマニュアル本に、面接官に好印象を持ってもらうためのアドバイスとして、きちんと挨拶をする、相手の目を見て話す、はっきりとした口調で話す等が書かれています。これらは、相手が面接官に限らず、ビジネスの上でも相手に好印象を与えるための重要なポイントです。

それでは、相手に好印象を持ってもらうための、服装や髪型といったファッションや身だしなみの部分では、どんな点に気を付けたら良いと思いますか。

女性の場合、清楚な服装・髪型、ナチュラルメイクで良い印象を与えることができると思います。また、職場での服装は、流行を追う服装や個性を強調するような服装よりも、やや控えめなほうが爽やかな印象になると思います。

では、男性の場合はどうでしょうか。女性の立場から、好印象を与える男性のファッションや身だしなみをお話させていただくと、印象を一番左右するのは、やっぱりスーツだと思います。スーツの場合、私は、自分の体にぴったり合ったサイズのものを着ているかどうかが、色やラインよりも気になります。痩せている人は、ほんのちょっと大きめのサイズを着て大きく見せようとするそうですが、生地がだぶついて、貧相に見えてしまい逆効果だと思います。また、太っている人も、窮屈にならないよう、余裕のあるサイズを着てしまうそうですが、それも、なんとなくだらしなく見えてしまうと思います。スーツのサイズは、オーバーサイズのものを選ばずに、今の体型にジャストフィットしているサイズを選んだ方が良いと思います。きちんとアイロンでプレスされた、ジャストフィットのスーツでビシっと決まった男性のスーツ姿は、惚れ惚れするものですよ。

また、シャツとネクタイは、顔に一番近い場所にあるからというのもありますが、女性の目線は、ちょうど男性のネクタイの辺りなので、自然と目が行くんです。シャツとネクタイは、セットで考えるのが基本だと思うのですが、相性の良い配色だと、顔色も良く見えると思います。それに、ファッションはトータルバランスが大事なので、シャツやネクタイの色が、スーツの色との相性が良いことはもちろんのこと、暑い時期に涼しげに見えるというような視覚的な効果も気にするべきポイントだと思います。

ファッションに関して男性にも女性にも言えることは、相手に与える印象を左右するだけでなく、着ている本人の気持ちにも影響を与えるということだと思います。例えば、お気に入りのスーツやネクタイを身に付けているだけで、気分がウキウキしたり、自信が湧いてきたりしませんか。また、逆に、サイズが少し小さかったり大きかったり、どこかに汚れがあったりするだけで、それが気になって他のことに集中できなくなったりすることってありませんか。だから、ビジネスでは、自分が自信を持って着られる服装が、1 番良いのかもしれませんね。

また、身だしなみの点では、社会人としての資質が疑われるようなボサボサの髪や不精ひげ、長い爪などは言語道断です。言うまでもなく、男性も女性も清潔感が 1 番です。

人は、内面を磨くことももちろん大事ですが、第一印象では内面はわかりません。だから、内面の良さを一層引き立てるためにも、このようにファッションや身だしなみに気を遣うことがとても大切になってきます。でも、ファッションや身だしなみよりも、もっと第一印象を左右するものもあるんですよ。何だと思いますか?それは、「笑顔」です。男性も女性も「笑顔」は、相手を 1番安心させ、そして雰囲気を和ませる演出をしてくれます。自分自身の気持ちも、相手の気持ちも柔らかになり明るい気分になれる、そんな効果をもたらす「笑顔」に勝るものはないと思うのです。

ネットビジネスが盛んで face to face でなくてもビジネスが成り立つ昨今ですが、当社のようなコンサルティング会社では、困りごとや相談ごとのあるお客様と直接会ってお話をする機会が多く、第一印象で相手に好感を持ってもらうことに加え、信頼を得ることも大事になってきます。信頼は、表情だけの笑顔ではなく、誠実に接する気持ちが表面化された「心の笑顔」で得ることができると信じています。だから私は、ファッションや身だしなみも大事ですが、そんな「心の笑顔」を忘れないようにすることをいつも心掛けています。

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ