本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(3)   『目と耳と心のおもてなしのラグジュアリー』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。

……………………………………………………………………………………………

第3回 『目と耳と心のおもてなしのラグジュアリー』

一泊二日で長崎ハウステンボスへ行ってきました。
気の置けない友達との旅行は本当に楽しくて、計画を練る段階からワクワクしてしまうものです。今回は、「長いお休みを取らなくても海外を疑似体験できるところにさくっと行ってみない?」という友達の発想から、行き先はハウステンボスに決まりました。

ハウステンボスは、長崎空港から車で約1時間。風光明媚な大村湾に面した広大な敷地の中に美しい花々が咲き、レンガ造りの重厚な街並みの中をゆったりと運河が流れ、やすらぎと癒しを与えてくれるリゾート地です。また、オランダの象徴的な風車のあるお花畑では、四季折々に花が咲き表情を変え、季節ごとに繰り広げられるドラマを感じることができます。きっと、春に咲くチューリップが風車を囲んで一面に広がるお花畑は、オランダの田園風景と同じなのでしょうね。

ハウステンボスには様々なアミューズメントもあります。歴史的な絵画や磁器、ガラス細工やオルゴールといった匠の技を鑑賞するミュージアム系のもので心を癒し、3D 映像や特殊効果などのアトラクション系のもので心を弾ませます。

海、大地、花、レンガ、風車、絵画、磁器、ガラス細工、オルゴール。まるで私の目に飛び込んでくるもの全てが私をおもてなししてくれているかのようなラグジュアリーなひとときでした。

ハウステンボス観光は、たいていのツアーでは園内にせいぜい半日しか滞在しないそうなのですが、私たちは、今回、ハウステンボス内に在るホテルに泊まってじっくりとハウステンボスを堪能してきました。

園内のホテルに宿泊した特権で、翌朝はまだ開園していない人気のない時間に園内を散策することができました。すると、しんと静まった静寂の中に朝の小鳥のさえずりが聞こえてきて、まるでヨーロッパの片田舎を散歩しているような、そんな気分を味わうことができました。

静寂と小鳥のさえずり。私の耳に入ってくるものからも、ハウステンボスのおもてなしを感じ、またまたラグジュアリーな気分になっていました。

私たちが泊まったところは、ハウステンボス内でもひときわ目立つ、19 世紀のヨーロッパの邸宅をイメージして造られたという、運河に臨む高級リゾートホテルでした。しかも、女二人旅だっていうのに、奮発して、なんと、ロイヤルスイートに泊まって大人のリゾートライフをエンジョイしてしまいました!

スイートルームは、一泊では使い切れないほどいくつも部屋があり、そして、選び抜かれた一流の調度品たちが品格を誇りながら私たちを迎えてくれました。また、運河に面したプライベートデッキでのディナーは、私たちをとても優雅な気分にさせてくれました。それは至福の空間でしたが、私たちが感激したのはホテルの人たちの誠意溢れるおもてなしでした。まさにお姫様気分です。心に訴えるおもてなしのおかげで、私のラグジュアリー気分は最高潮に達し、旅の思い出がいっそう印象深いものになりました。

自動車でラグジュアリーといえば、最近話題のトヨタのレクサスを思い浮かべます。もうすぐセルシオの後継車、レクサス・ LS が発売されますね。LS は、目からも耳からもラグジュアリーのおもてなしを感じさせる作りになっているそうですね。

また、レクサスのお店は品格のある空間になっていて、販売員は、研修の一環で、有名ホテルでの接客研修プログラムを受けているそうです。

私がハウステンボスで感じたような目と耳と心で感じられるおもてなしを受けられるのかどうかちょっと興味があります。買うかどうかは別として、レクサスのおもてなしがどんなものなのかを味わいに、一度お店に行ってみようかなぁと思います。でも、女の子がそんな感じでひとりでぶらっと立ち寄ったら怒られてしまいそうな敷居の高さも感じます。行っても構いませんか、レクサスさん?

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ