本文へジャンプ

1クリックアンケート

先進国市場に対する今後の取り組みについて

質問

2009年上期の新車販売に関して、 BRICs の合計販売台数が 931 万台となり、日本と米国の合計販売台数(699 万台)を初めて上回りました。BRICs の中でも市場低迷が続くロシアを除いたブラジル、インド、中国は昨年同時期対比で12% 伸長し、中でも中国は 20% 近く伸びています。

日本の自動車メーカーは、従来、日米欧の先進国市場に注力し、新型車両開発も主に先進国市場を対象に進めてきましたが、今後は、新興国市場でのシェア獲得に向けた商品開発が必要になってくるものと思われます。

一方、日本の自動車メーカーの直近業績は厳しく、リソースも限定されるため、トヨタであっても、地域ごとに攻めるべき分野と退くべき分野を見定め、経営資源を配置する方針を示し、商品も市場に合わせて必要十分なラインナップにしていくとしています。

では、先進国の中で、日本の自動車メーカーが今後、注力度を弱めていく地域はどこになると思いますか。

最も相応しいと思われる地域を以下の選択肢から 1 つお選び下さい。また、選ばれた理由についてもお聞かせ下さい。

  1. 構造的な市場の縮小が続く日本
  2. 金融危機の影響を大きく受けた米国
  3. 元々、日本の自動車メーカーの影響力が弱かった欧州
  4. 上記地域に対して平均的に注力度を弱める
  5. その他の地域

集計結果

構造的な市場の縮小が続く日本 143
金融危機の影響を大きく受けた米国 80
元々、日本の自動車メーカーの影響力が弱かった欧州 52
上記地域に対して平均的に注力度を弱める 29
その他 22
合計 326

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ