本文へジャンプ

1クリックアンケート

マグナ・インターナショナルによるオペル支援について

質問

◆加マグナ・インターナショナル、独オペル買収で合意

自動車部品会社が大手完成車メーカーを傘下に入れる初めてのケースに。

<自動車ニュース&コラム 2009年  5月 31日号>

ドイツ政府は、米 GM がオペルをマグナを中心とする企業グループに売却することで合意したと発表しました。マグナがオペルに 20% を出資し、ロシア自動車メーカー GAZ は業務面で提携すると報じられています。

自動車メーカーではないマグナの支援計画案が、フィアットよりも条件面(資金計画、人員削減案など)で GM、ドイツ政府にとって有利であったと思われますが、マグナの持つ高い技術力がオペルの早期建て直しに必要との認識もあったようです。

そこで、今回の自動車部品メーカーのマグナによる支援決定について読者の皆様はどのようなご意見をお持ちでしょうか。最も近いと思われるものを以下の選択肢から 1 つお選び下さい。また、選ばれた理由についてもお聞かせ下さい。

  1. マグナは自動車部品メーカーとして多くの自動車メーカーと取引があるため、規模の経済を生かしたコスト削減の実現や、多様なメーカーの技術開発を通じて培った技術力を背景に、オペルはこれまで以上に成長する可能性がある。
  2. マグナが有している、複数自動車メーカーとの取引関係を通じて培ったノウハウを自社買収先へ転用することは困難であり、潜在的な強みを発揮することは難しいことから、オペルの成長は現状維持程度に留まる。
  3. マグナはオペルが元々有している技術開発力を基に、他自動車メーカーを含む企業グループの支援も活用することでオペルをこれまで以上に成長させることが出来る。
  4. マグナは自動車部品メーカーであり自動車メーカーではないことから、支援は簡単ではなく労力・時間を要する可能性があり、オペルの成長は現状維持程度に留まる。
  5. その他

集計結果

マグナのノウハウ転用により、オペルはこれまで以上に成長 45
マグナのノウハウ転用は困難であり、オペルの成長は現状維持程度 22
マグナはオペルのノウハウを元に支援を行い、オペルはこれまで以上に成長 17
マグナによる支援は簡単ではなく、オペルの成長は現状維持程度 55
その他 19
合計 158

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ