本文へジャンプ

1クリックアンケート

今後、業界再編が進む部品分野について

質問

◆三菱電機とパイオニア、カーナビなど車載機器事業で提携へ。統合も視野。

早ければ月内の合意を目指す。提携協議が調い次第、開発・生産・販売を通じた協業を進め、経営効率の抜本的な改善を図る。

パイオニアはさらに、次世代の高速無線に対応するカーナビの開発を視野に、ライバル関係にあるアルパインやクラリオンなど他の複数のメーカーにも部分的な協業について打診を始めた。

<自動車ニュース&コラム 2009年  3月 15日号より>

三菱自動車向け OEM 供給を主とする三菱電機と、カロッツェリアで市販用の国内シェア 1 位(市場占有率約 30%)のパイオニアが統合も視野に入れた事業提携を行うことを発表しました。

一方で、パイオニアは次世代車載機の開発についても複数の競合他社(アルパイン、クラリオンなど)に協業を打診しています。

このように業界再編が進展する背景には、技術の高度化や新車販売低迷を受け、単独 1 社では新商品を開発する投資負担が見合わなくなりつつある自動車業界の現状があります。

今後も自動車業界では、様々な部品分野で業界再編が起こってくることが予想されますが、最も活発に業界再編が起こると思うのはどの分野でしょうか。以下の選択肢から 1 つお選び下さい。また、選ばれた理由についてもお聞かせ下さい。

  1. エンジン部品
  2. 駆動、伝導、操縦部品
  3. 懸架、制動部品
  4. 内装部品
  5. 外装部品
  6. 電装部品
  7. その他

集計結果

エンジン部品 51
駆動、伝導、操縦部品 31
懸架、制動部品 11
内装部品 27
外装部品 7
電装部品 73
その他 15
合計 216

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ