本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(31) 『「全身鏡」で自分の魅力をアップ!!』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。
……………………………………………………………………………………………

第31回 『「全身鏡」で自分の魅力をアップ!!』

「少しは実物よりも美人に描いてくれたらいいんだけどなぁ・・・」、「特徴がデフォルメされていて現実を突きつけられたらイヤだなぁ・・・」と、ワクワクそわそわしながらじっとしていること 20分。「はい出来上がりました」と手渡された完成品を見て驚いたんです。「えー!私ってこんな顔???」

先日、友達と一緒に、ある有名な似顔絵師のアトリエを訪問しました。写真とは一味違うの手による温かさの込められた写実性によって自分の姿がどう表現されるのか、また、瞬に人の顔の特徴をつかむプロの観察力にも興味があったので、自分の似顔絵を描いてもらに行ったんです。しかし、出来上がった自分の似顔絵を見て、「これが私???全然似ていじゃない?」と思うほど、予想外に似ていなかったんです。
でも、一緒に行った友達の似顔絵はそっくりでした。上手く特徴を掴んでいるし、それにこんな短時間でよくここまで表現できるなぁと、さすが有名な似顔絵師だわと感心するほでした。

その一緒に行った友達に、「○○ちゃんの似顔絵はそっくりだと思うけど、私の似顔絵はそんなに似てないよね?」と聞いてみると、「えっ?すごく似てるよ。そっくりだよ。私のはあまり似てないと思うけど、彩ちゃんのはとっても似ていると思うよ。お世辞抜きでこの似顔絵師は本当に上手いね」と言っていたんです。そう、お互いが、自分の似顔絵は似ていないと思うけど、相手のは似ていると思ったんです。
自分の顔って、自分の顔なのに、鏡に映った姿を見てそれが自分の顔だと思っていますよね。一日に何度も鏡に映った自分の顔を見ているけど、でも、客観的に見るともしかしたらいつも自分が見ている自分の顔とはちょっと違って見えるのかもしれませんね。だからきっと、自分の似顔絵は似ていないと思ったのかもしれません。

よく、女優やモデルが、デビュー当時よりも人気が出るにつれ、どんどん洗練されて綺麗になっていくという話を聞いたことがありませんか?それは、テレビや雑誌などの媒体を通じて、自分で自分自身を客観的に見る機会が多くなり、自己分析をして自分の良さを自分で高めることができるようになるからだそうです。更に、周囲からは、1 人の「人」としてではなくひとつの「商品」として、良い点や改善点を包み隠さずにアドバイスしてもらえ、それを素直に受け入れて自分という商品価値を高める努力をするから、確実に綺麗になっていくのだと思うんです。

こんなふうに、自分の姿を客観的に見ることは、自分の魅力を引き出すために効果が大きいと思います。また、顔やスタイルなど外見的な自分の姿だけではなく、内面的な部分も含めて客観的に自分を見つめることも、自己分析には必要だと思うんです。
でも、自分の内面的な部分を客観視することは難しく、どうしても、自分を過大評価や過小評価をしがちなものです。自信のあることや得意なことは過大評価を、一方、経験が無いことや興味が薄いことに対しては過小評価をしてしまうと思うんです。もしかして、苦手だと思い込んでいることにチャレンジしてみたら、自分でも気付いていなかった自分の才能が開花するかもしれませんし、逆に、自信満々なことでも、実は、井の中の蛙大海を知らずで、もっともっとデキる人は世の中にはたくさんいた、なんてこともあると思います。

だからこそ、女優やモデルが洗練されてくる話のように、自分の周囲にいる信頼できる第三者に、自分の良いところ悪いところを指摘してもらったりすることは、自己分析にとても役立ちます。それに、自分が思っている自分の顔と、第三者が見る自分の顔が違って見えるという似顔絵の話のように、自分が思っている特徴と、第三者が抱く特徴とでは少しズレがあるものかもしれません。だから、自分が周囲からどう見られているか、どう評価されているかを認識することもとても大切だと思うんです。
私は毎朝、お洋服を着て、お化粧をして身支度が全て整った後、全身が映る大きな鏡で一度、自分の全身の姿をチェックしてから家を出ます。「全身鏡」で、お洋服の色に合わせた口紅やアイシャドーの色使い、アクセサリーやバッグ・靴の色、スカートの丈とジャケットの丈のバランスなどをチェックするんです。でも、それぞれの物をクローゼットから選ぶ時は「似合う」と思って身に付けたはずなのに、最後に遠くから「全身鏡」で全てを身に付けた自分の姿を映してみると、なぜか色が合っていなかったり、バランスが悪かったりと、おかしい部分に気付くことがよくあるんです。おそらく、お洋服を選ぶ時もお化粧をする時も、小さな鏡で近い距離から自分の姿を見ていて、自分のことを客観的に見れていなかったことが原因です。だから、自分の姿を遠くから「全身鏡」で見て初めて気づくことがあるんです。

私が尊敬するある洗練された女性が、「自分の魅力を引き出すために、自分らしさを追求するために、常に自分のことを客観的に見るように心掛けている」と話していたのを思い出しました。それには、ファッションだけではなく内面的な魅力を引き出すためにも、自分を客観的に見ることができる「全身鏡」が必需品なんですね。
女性に限らず男性も、「全身鏡」でファッション的にも内面的にも、自分を遠くから客観的に見るように心掛けてみてください。自分を客観的に見る習慣が身に付くと、自然と自分の魅力を引き出す力がアップしていると思うんです。明日からは、「全身鏡」で身だしなみチェックをする時には、同時にご自分の内面チェックもお忘れなく!!自信と、違う自分の発見につながると思いますよ。

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ