本文へジャンプ

1クリックアンケート

自動車メーカーの減収・減益に伴う、将来に向けた投資の考え方について

質問

◆トヨタ、4~6月期連結決算は減収・減益、営業利益38.9%減の4126億円

売上高は前年同期比4.7%減の6兆2151億円、営業利益は38.9%減の4125億9100万円、純利益は28.1%減の3536億5900万円と大幅減益に。2002年からの四半期決算の開示以降、四半期ベースで初の減収減益に。

<自動車ニュース&コラム 2008年 8月 7日号より>

◆トヨタ、マスメディア向け広告・宣伝費を前期比で3割弱カットへ。今期

<自動車ニュース&コラム 2008年 8月 31日号より>

上記の通り、トヨタ自動車では2002年以降初の四半期ベースの減収・減益となりました。

業界全体としても減収・減益の流れにあり、既に営業面の費用については削減の対象となっています。今後もこの減収・減益が続けば、将来に向けた主要な投資である『設備投資』や『研究開発投資』の減額も視野に入ってくると考えられます。

そこで、この『設備投資』及び『研究開発投資』のうちで、先に減額の対象となるのはどちらでしょうか。最も考えられるものをお選び下さい。

また、選ばれた理由についてもお聞かせ下さい。

  1. 設備投資
  2. 研究開発投資
  3. 例え、借入金を増やしたとしても双方とも現在の水準を維持すべき

集計結果

設備投資 123
研究開発投資 30
現在の水準を維持 20
合計 173

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ