本文へジャンプ

1クリックアンケート

自動車事業と周辺事業との親和性についてのアンケート

質問

◆トヨタ、航空機産業への進出。再始動か?

米国で「セルシオ」のエンジンを搭載した小型飛行機の試験飛行を再開。

<自動車ニュース&コラム 2008年 7月 13日号より>

Japan Aviation & Railway News によると、トヨタは「Toyota Advanced Aircraft-1」(TAA-1)と呼ぶ単発ピストンエンジン機の試験飛行を、今年 4月末から 6月にかけて米国カリフォルニア州で行いました。また、TAA-1 は、航空機用に改造した 「 セルシオ 」 のエンジンを搭載しているらしい、とのことです。

ここで紹介した航空機事業のように自動車メーカーは本業である自動車事業以外にも周辺分野で様々な事業を展開しています。これらの周辺事業は将来を見越した投資となっていることも多く、自動車業界の将来像を推測するうえでも注目されます。

では、自動車メーカーが手がける周辺事業のうち、本業である自動車事業と技術的に最も親和性の高い事業はどれだとお考えになりますか。次の選択肢の中から、1 つを選択して下さい。できれば、具体的にどのような技術が親和性が高いのかもお書き下さい。

  1. 航空機事業
  2. 産業機械事業
  3. マリン事業
  4. ロボット事業
  5. その他

集計結果

航空機事業 63
産業機械事業 40
マリン事業 24
ロボット事業 69
その他 3
合計 199

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ