本文へジャンプ

1クリックアンケート

環境意識の高い消費者に対する販売・マーケティングについてのアンケート

質問

今週は新たなテーマに関してご質問致します。

石油資源の枯渇や地球温暖化など環境に関する記事・問題が取り沙汰されており、今後、程度の差こそあれ、社会全体として環境意識の高い一般消費者が増加していくと思われます。

環境意識の高い一般消費者に自動車を販売するためには、自動車という製品自体の環境性能を高めていくだけでなく、ディーラー店頭における販売・マーケティングの面でも、これまでとは異なるアプローチが求められてくるのではないでしょうか。

環境意識の高い一般消費者に対して、最も効果的なアプローチは以下のどれだと思われますか。一つだけお選び下さい。できれば、その理由もお書き下さい。

  1. 燃費や排出ガス基準達成状況、環境負荷物質の削減状況など自動車の環境性能をこれまで以上に効果的に訴求する。
  2. 環境性能の高い自動車を保有するという自己表現手段、ライフスタイルを訴求する。
  3. 環境性能の高い自動車を保有することによる税制面での優遇措置やガソリン代の節約など、経済的なメリットを訴求する。
  4. そもそも環境意識の高い消費者は自動車を保有しなくなることも予測されるため、カーシェアリングやレンタカーなど必要な時にだけ自動車を利用できる仕組みを提供することが有効。
  5. その他

集計結果

自動車の環境性能を効果的に訴求 43
自己表現手段、ライフスタイルを訴求 43
経済的なメリットを訴求 42
必要な時だけ自動車を利用できる仕組みを提供 46
その他 3
合計 177

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ