本文へジャンプ

1クリックアンケート

環境負荷物質使用の自主規制に関するアンケート

質問

今週も、新たなテーマについてご質問いたします。

昨今の環境保全強化の流れの中で、日本自動車工業会(JAMA)が主体となり、環境負荷物質(SCS)の自主規制が公表されています。

具体的には、鉛、水銀、六価クロム、カドミウムの使用を順次禁止する内容となっており、各自動車メーカーは、代替技術の開発・導入により、対応を進めています。

そこで、この 4 つの削減物質のうち、コスト増、性能が不十分等、代替技術の現状に最も不満なものは、どれでしょうか。

次のうち最も不満と思われるものを一つだけお選びください。


  1. (燃料タンク、ホイールバランス、電着塗装、モータブラシ、電子基板等)
  2. 水銀
    (電気リレー、加速度センサ、ディスプレイ、メーター、ランプ等)
  3. 六価クロム
    (金属部品、ボルト、ナット等の防錆加工等)
  4. カドミウム
    (リレースイッチ等)
  5. 特に不満はない

集計結果

46
水銀 19
六価クロム 29
カドミウム 13
特にない 32
合計 139

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ