本文へジャンプ

1クリックアンケート

高齢者をターゲットに開発するべきクルマについて

質問

日本社会の高齢化に伴い、2010年には免許保有者全体の 25% が 60 歳以上になると予測されています。

その世代は、いわゆる団塊世代が中心になるため、従来のシニアとは異なり行動様式が多様で、アクティブなライフスタイルを好むと言われています。

国内販売台数の減少に歯止めを掛けるためにも自動車メーカー各社は同世代をターゲットにしたクルマを開発することが求められている状況です。

では、団塊世代が中心となる 60 歳以上のドライバーに対しては、どのような方向性でクルマを開発していけば良いでしょうか。

次のうち、もっとも近いと思われるものをお選び下さい。

  1. 社会的ステータスを持つクルマ(高級車、輸入車)
  2. 趣味やレジャーに合わせた使い勝手の良いクルマ(RV、ワゴン)
  3. 街乗り等の生活使用での利便性を重視したクルマ
    (コンパクトカー、軽自動車)
  4. 昔憧れていたクルマ(セダン、スポーツカー、オープンカー)
  5. その他

集計結果

ステータスを持つクルマ 52
使い勝手の良いクルマ 73
利便性を重視したクルマ 112
憧れていたクルマ 106
その他 34
合計 377

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ