本文へジャンプ

1クリックアンケート

国内市場における販路拡大策について

質問

今週も、新たなテーマについてご質問いたします。

フィアットから新型『フィアット500』が3月15日より発売されます。欧州でイヤーカーを受賞したこのクルマの国内導入は、輸入車業界でも大きな話題になっており、BMWミニのようなヒット商品になるか注目を集めています。

幅広い世代へのマーケティングを志向し、オヤジ世代にはルパン 3世を発表プロモーションに起用、若者世代には東京・青山にクラブ併設の「フィアットカフェ」を開店するなど、ブランドと商品の浸透を図る計画も公表されています。

上記プロモーションのように、認知度を高める施策に加えて、購入決定まで効果的に繋げるための販路拡大策も必要と思われます。

そこで、一般的に国内市場におけるクルマの販路拡大策として、効率的だと思われるのは次のうちどれでしょうか。最もふさわしいと思われるものを一つ選択して下さい。

  1. ディーラーだけでなく、Web販売を充実させる。
  2. ディーラーだけでなく、都心のインテリアショップやファッションショップなど異業種との協業を進める。
  3. ディーラーだけでなく、郊外のショッピングモールなどへの進出を図る。
  4. ディーラー以外に効果的なものはない。
  5. その他

集計結果

Web販売の充実 67
異業種との協業 83
ショッピングモールへの進出 101
従来通りのディーラー 23
その他 15
合計 289

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ