本文へジャンプ

1クリックアンケート

自動車メーカーの部品価格政策上の問題に関するアンケート

質問

今週はテーマを変えてご質問いたします。

自動車部品サプライヤは、材料価格の高騰、部品に要求される精度や機能の高度化が進む中、何故値上げできないケースが頻出しているのでしょうか。

仮に自動車メーカーの部品価格政策上に問題があるとすると、次のうち最も近いと思われるものを一つだけお選びください。

  1. 原価設定の基準やプロセスが不明瞭・不透明であること。
  2. 原価設定の基準やプロセスは明確・透明でも運用が恣意的なこと
  3. 原価設定の基準・プロセス・運用は明確・透明だが、硬直的で材料高騰時などに弾力性を欠くこと
  4. 原価の回収だけは認めるが、ソフト等の付加価値や軽量化などの貢献に対する正当な評価がなされてないこと
  5. その他

集計結果

プロセスが不明瞭・不透明 39
プロセスの運用が恣意的 28
硬直的で弾力性を欠く 39
貢献に対する正当な評価が不足 55
その他 27
合計 188

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ