本文へジャンプ

コラム

中国フラッシュニュース(8)『クラウン VS キャデラック』…

今後数年以内に日本を上回るとされる中国自動車市場。

住商アビーム自動車総研の提携先であり、中国自動車業界に精通したコンサルティング会社オートビジョン有限公司の総経理である張浩群が、中国自動車業界のホットな話題をお伝えするコーナーです。

第8回『クラウン VS キャデラック』
——————————————————————————–

2004年末から 2005年はじめにかけ、トヨタのクラウンと GM のキャデラックCTS が相次ぎ中国に登場する予定である。これまで、中国高級車市場がアウディ、BMW、メルセデスベンツなどドイツ車に独占されただけに、新規参入となる日系メーカーと米系メーカーのフラッグシップカー対決は早くも注目を集めている。

各種の報道によると、クラウンとキャデラック CTS の仕様はそれぞれ下記の通りである。

中国産クラウン 中国産キャデラックCTS
車長(MM) 4,840 4,828
エンジン 3.0L V6 3.6L V6
予想価格(万元) 48 51.8

特にトヨタ、キャデラックが、それぞれどのようなマーケティング戦略をとるのか、大きな関心を呼んでいる。

中国の高級車市場にとって、最大の得意先は政府関連の公用車である。この市場においては、これまでアウディが圧倒的な地位を占めてきた。キャデラック CTS は先進的な外観のため、保守的なニーズの強い公用車として採用される可能性が薄いのではないかと懸念する。

一方、クラウンは、80年代中国に輸入されており、当時は高い存在感を築いていた。しかし、現在も保有しているユーザーは減っており、年齢的に高齢化が進んでいることもあり、今回投入するクラウンの購買層の中心としては期待しにくい。

したがって、この対決の焦点は、今後の高級車購買層の中心を担うと見られる個人企業主、外資系のエリート社員を始めとする、30 代、40 代の富裕層になるであろう。確実に増加し続けるこのユーザー層の心をどうやって獲得するのかが、クラウンとキャデラックの勝敗を決する鍵となるだろう。

<張 浩群>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ