本文へジャンプ

コラム

中国フラッシュニュース(21)『ホンダ、中国メーカーを訴…

アップダウンを繰り返しながらも、今後数年以内に日本を上回るとされる中国自動車市場。

住商アビーム自動車総研の提携先であり、中国自動車業界に精通したコンサルティング会社オートビジョン有限公司の総経理である張浩群が、中国自動車業界のホットな話題をお伝えするコーナーです。

第 21 回『ホンダ、中国メーカーを訴える』
——————————————————————————–

2004年 10月、ホンダと東風本田が共同で、CR-V の外観意匠(デザイン)権を侵害されたとして、河北新凱汽車製造(河北省)グループを北京市高等人民法院に提訴した。ホンダと東風本田が河北新凱汽車に求めているのは、模倣車の生産停止のみであり、金銭等の賠償は含まれていない模様である。

2003年 11月、ホンダ(中国)は、すでに CR-V の外観意匠(デザイン)権を侵害されたとして、石家荘双環汽車有限公司を北京市高等人民法院に提訴したが、まだ公開審理が行われていない。それ以前に、外国自動車メーカーが中国自動車メーカーを提訴したケースは 2 つあった。トヨタが吉利汽車を、GM が奇瑞汽車の「QQ」をそれぞれ提訴したが、ともに根拠不足として審理が進んでいない。

業界の有識者は、今回のホンダ及び東風ホンダの提訴は少し背景が違うと指摘している。これまでのトヨタ、GM 及びホンダは、外資企業として提訴したが、今回は提訴側に東風本田も加わっている。東風本田は合弁企業であり、親会社である東風汽車は中央政府の直轄企業である。

合弁企業がほかの民族系企業を訴える際には、事前に政府の関係部分と調整を行い、ある種の了解・黙認を取っている可能性が高い。そのために、今回の提訴は勝つ可能性が高いと見られている。

2004年 10月までに東風本田は 8241台の CR-V を販売したが、2004年の 2 万台という販売目標は既に絶望的になっている。東風本田は 28 億元の投資で工場拡大を行い、2006年には生産能力を 12 万台に引き上げる計画であるが、そのうち、CR-V の生産目標は 4 万台程度としている。これらの目標を達成するにあたっては、各種の模倣車が最大の脅威であるため、本気で模倣車の排除に取り組まなければならない状況となっている。

<張 浩群>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ