本文へジャンプ

コラム

中国フラッシュニュース(24)『各自動車メーカーの2005年…

アップダウンを繰り返しながらも、今後数年以内に日本を上回るとされる中国自動車市場。

住商アビーム自動車総研の提携先であり、中国自動車業界に精通したコンサルティング会社オートビジョン有限公司の総経理である張浩群が、中国自動車業界のホットな話題をお伝えするコーナーです。

第24回『各自動車メーカーの2005年計画が出揃う』
——————————————————————————–

2004年、広州ホンダ、北京現代、天津一汽の 3 社を除き、ほとんどの自動車メーカーは年初計画に達成できなかった。このため、各社とも 2005年の生産台数計画は、概ね慎重なものとなっている。

現在報道されている主要自動車メーカーの生産台数計画は以下の通り。

メーカー名   04年予定  04年実績  05年予定
一汽VW     33     30     25
上海VW     46     35     32
上海GM           32.6    25     29
広州ホンダ   20     20     23
北京現代    13     15     18
神龍汽車    12.9     9     11.5
一汽轎車     7.5     5      6.2
奇瑞汽車    18      9     14
天津一汽    13     13     13
吉利汽車    15      9     12
東風日産     7.5     6.3     9
悦達KIA      8      6     12
長城汽車      7      5      8
一汽トヨタ       -      -     13

※単位:万台
※出所:新聞発表等より引用の上、オートビジョンにて作成。
一部データは推定による。

この 2005年の各自動車メーカーの計画には、幾つかの特徴が見られる。
主だったものを以下の通り紹介する。

1.VW の勢力後退
2004年に続き、2005年も大幅な生産台数減少が見込まれており、勢力後退に 歯止めがかからない。魅力的な新規投入車種の欠如、ユーロ高による輸入部 品の高騰など悩みの種が尽きないと見られる。

2.堅調な日系メーカー
ホンダは好調を保っている。公表となった 2005年の計画によると、販売台数 23 万台(前年比 15% 増)、売り上げ 360 億元を予定している。
一汽トヨタも 2005年に 13 万台販売する計画を公表した。2005年中、クラウン(2 万台)のほか、プリウス、マーク X などの新車種を投入する予定という。

3.大幅増を狙う民族系メーカー
奇瑞汽車は、2004年の不振を挽回しようと、14 万台の生産を計画している。
そのうち、国内販売が 10 万台、輸出が 4 万台となっている。
吉利汽車も、2004年より 25 %増の強気の計画を打出している。

2005年は各自動車メーカーにとって、どんな年になるであろうか。今年も各社の動向に注目していきたい。

<張 浩群>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ