本文へジャンプ

1クリックアンケート

民主党政権下の自動車業界について

質問

先日の日曜日に衆議院選挙が行われ、民主党が政権を握ることになりました。民主党のマニュフェストには、自動車業界に好影響を与えると思われる条項として、以下があります。

  • 「目的を失った自動車関連諸税の暫定税率は廃止する」
  • 「高速道路を原則 無料化して、地域経済の活性化を図る」
  • 「環境分野などの技術革新で世界をリードする」

他にも、「中小企業向けの減税を実施する」は、中小企業の多い、自動車業界のアフターマーケットには、好影響を与えるかもしれません。また、「中小企業憲章の制定など、中小企業を総合的に支援する(中小企業の技術開発を促進する制度の導入など総合的な起業支援策を講じることによって、100 万社起業を目指す)」は、自動車業界にイノベーションをもたらすかもしれません。

一方で、「製造現場への派遣を原則禁止するなど、派遣労働者の雇用の安定を図る」、「最低賃金を引き上げる」などは、自動車関連事業者側にとっては、固定費の拡大に繋がるかもしれません。

マニュフェストには、賛否両論あるかと思いますが、自動車業界から見て、民主党政権に、最も期待するのは何でしょうか。以下の選択肢から、一つお選びください。

  1. 暫定税率の廃止や高速道路無料化による国内自動車需要の喚起・促進
  2. 減税などによる国内自動車事業者の体力強化
  3. 技術革新支援や起業支援などによる国内自動車産業の成長戦略促進・イノベーション強化
  4. その他

集計結果

暫定税率の廃止や高速道路無料化による国内自動車需要の喚起・促進 118
減税などによる国内自動車事業者の体力強化 98
技術革新支援や起業支援などによる国内自動車産業の成長戦略促進・イノベーション強化 60
その他 21
合計 298

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ