本文へジャンプ

1クリックアンケート

東京モーターショーについて

質問

2009年 10月 24日~ 2009年 11月 4日まで、幕張メッセで東京モーターショーが開催されます。読者の皆様の中にも、楽しみにされている方が多いのではないでしょうか。

今回も、100 社以上の企業が参加し、40台以上のワールドプレミアが公開される予定です。また、日本カー・オブ・ザ・イヤーのブースが構えられ歴代の受賞車が展示されたり、著名ジャーナリストによるガイドツアーが企画されたりと、業界全体としての新たな取り組みも見られます。

一方で、商用車メーカーや輸入インポーター各社などが出展を見送り、展示面積が縮小したという状況もあります。出展を見送った理由としては、昨今の不景気の影響だけでなく、そもそもモーターショーに出展をすることの効果に疑問を投げかける声もあるようです。

読者の皆様は、今後、東京モーターショーをどのような場としていくべきとお考えでしょうか。以下の選択肢から一つお選びください。

  1. 個別企業の取り組み(新型車や新技術など)を披露する場
  2. 業界全体として、自動車業界の今後を示す場
    (例:環境、安全など、業界全体の取り組みテーマ別のブース構成など)
  3. 顧客や取引先との販売・マーケティングの場
    (例:顧客との商談スペース拡張、アンケート・景品増強など)
  4. モーターショーを開催する必要はない
  5. その他

集計結果

個別企業の取り組み(新型車や新技術など)を披露する場 154
業界全体として、自動車業界の今後を示す場 177
顧客や取引先との販売・マーケティングの場 22
モーターショーを開催する必要はない 26
その他 23
合計 402

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ