本文へジャンプ

1クリックアンケート

国内生産の今後について

質問

◆日産の志賀 COO、1 ドル =90 円を上回る円高水準「国内での生産を維持したい」「国内生産を維持する為、引き続き品質向上やコスト削減を徹底していく」

<2009年11月12日号掲載記事>

——————————————————————————————————————————————

各自動車メーカーは、これまで海外での日本車需要の増加や為替対策、各種規制対応などの要因により、海外現地生産の比率を高めてきています。

今後、現在の円高傾向がしばらく継続するという見込みや、日本市場の減少傾向が進んでいることなどから、海外生産比率は更に高まっていく可能性を秘めています。

それは、日本に本社機能を置くメーカーとして、日本の社会・経済的観点から見ても、必ずしも好ましいとは言えないのではないでしょうか。改めて、国内生産のあり方を見直す時なのかもしれません。

読者の皆様は、今後、海外生産との比較において、国内生産の競争力を高めるために、どのような点に注力すればよいとお考えですか。以下の選択肢から一つお選びください。

  1. 品質・信頼性
  2. 主に最新の生産技術によるコスト低減
  3. 納期に対する細やかな対応・柔軟性
  4. 付加価値の高い新製品・技術の生産
  5. 海外生産を進めるべき
  6. その他

集計結果

品質・信頼性 106
主に最新の生産技術によるコスト低減 18
納期に対する細やかな対応・柔軟性 13
付加価値の高い新製品・技術の生産 85
海外生産を進めるべき 17
その他 9
合計 248

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ