本文へジャンプ

1クリックアンケート

自動車メーカーの今期(2011年3月期)の取り組みについて

質問

自動車メーカー各社の 2010年 3月期決算が出揃いました。

トヨタ、日産が 2 期ぶりに営業黒字に転換したのをはじめとして国内上場 10 社の営業利益が黒字化しています。各国政府の支援策も功を奏して、業界全体が回復基調に転じてきたのは間違いありませんが、まだまだ予断を許さない状況ともいえます。

では、このような不透明な状況において、自動車メーカー各社が、今期(2011年 3月期)、優先度を上げて取り組んでいくべき取り組みは何だとお考えですか。以下の選択肢の中から、最もふさわしいものを一つお選びください。

  1. 新興国を中心とした販売台数の増加
  2. 生産拠点最適化による為替リスクの回避
  3. 原価低減による粗利の確保
  4. 固定費削減による損益分岐点引き下げ
  5. その他

集計結果

新興国を中心とした販売台数の増加 144
生産拠点最適化による為替リスクの回避 86
原価低減による粗利の確保 70
固定費削減による損益分岐点引き下げ 26
その他 15
合計 341

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ