本文へジャンプ

1クリックアンケート

インターネットを活用したマーケティングの効果について

質問

SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などインターネット上に集まる顧客を対象として、自動車メーカーが新たなマーケティング活動に取り組んでいます。例えば、今年 2月に発売された「CR-Z」は SNS の「mixi」を活用しました。

「Ole!Ole!CR-Z」というキャンペーンで、「mixi」に登録しているニックネームの一部に、「CR-Z」という名称を加えたユーザーが、専用アプリケーションに登録すると、抽選で「CR-Z」が当たるというものです。

当選確率が、「mixi」上の仲間を増やせば上がるなどの仕組みになっており、ホンダでは当初 1 万人の登録者を目標にしていましたが、結果としては 80 万人以上の登録者を集めたとのことです。

他にも、以前、仮想空間の「セカンドライフ」を活用したマーケティングなどが話題になりました。

こうした SNS などを活用したマーケティングは、認知は向上する一方で、自動車という商品の特性もあり、実際の販売への効果を疑問視する声もあります。読者の皆様は、どう思われますか。以下の選択肢の中から、最もふさわしいものを一つお選びください。

  1. 販売促進・認知向上の両方で高い効果が期待できる
  2. 販売促進は期待できないが、認知向上は高い効果が期待できる
  3. 販売促進・認知向上の両方とも高い効果は期待し難い
  4. その他

集計結果

販売促進・認知向上の両方で高い効果が期待できる 66
販売促進は期待できないが、認知向上は高い効果が期待できる 105
販売促進・認知向上の両方とも高い効果は期待し難い 69
その他 4
合計 244

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ