本文へジャンプ

1クリックアンケート

生産拠点としての中国の位置付けの変化について

質問

中国の部品工場で労働争議が続発しており、ストに発展するケースも出てきています。影響はトヨタやホンダなど日本の自動車メーカーにまで及び、工場の生産を停止する事態ともなっています。

このような事態に際し、今後は賃金体系を見直さざるを得ないという声も出てきていますが、人件費上昇は今後の中国の生産拠点としての位置付けにも影響を与えることになります。具体的には、人件費が上昇する中国から、ASEAN等の他地域に生産拠点が移転するということも考えられます。

では、今後5年を考えた場合、生産拠点としての中国の位置付けはどのようなものになると思いますか。以下の選択肢の中から、最も当てはまるものを一つお選びください。な

お、選択肢の2、3 を選択された方は他地域としてどちらを想定しているかもお書きいただけると幸甚です。

  1. 市場の近くで生産するという観点から、多少人件費が上昇しようと、新規投資も含めて生産拠点としての位置付けに変化はない。
  2. 既存拠点を他地域に移転、再編するケースは少ないが、他地域との比較で新規投資が減少する。
  3. 他地域との比較で新規投資が減少するだけでなく、既存拠点を他地域に移転、再編するケースも増加する。
  4. その他

集計結果

市場の近くで生産するという観点から、多少人件費が上昇しようと、新規投資も含めて生産拠点としての位置付けに変化はない。 104
既存拠点を他地域に移転、再編するケースは少ないが、他地域との比較で新規投資が減少する。 86
他地域との比較で新規投資が減少するだけでなく、既存拠点を他地域に移転、 再編するケースも増加する。 70
その他 8
合計 268

3.他地域との比較で新規投資が減少するだけでなく、既存拠点を他地域に移転、
再編するケースも増加する。
  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ