本文へジャンプ

コラム

ヤナセ、トヨタが立ち上げる「レクサス」店に対抗し、営業…

◆ヤナセ、トヨタが立ち上げる「レクサス」店に対抗し、営業マンを増員へ
まず、大都市圏の販売拠点を中心に営業マンを20人程度増員し、レクサス店による顧客減を防ぎ、「メルセデス・ベンツ」車などの営業体制を強化へ
<2004年01月28日号掲載記事>
——————————————————————————–

トヨタが高級車チャネル「レクサス」立上げを発表してから、表面 上は静観していたヤナセが、本格的なトヨタ対策を開始する。

高級車チャネルで全国展開をしているのは、ヤナセのみとあっては、トヨタ「レクサス」の動向は気になるところであろう。

グループ企業向けの卸を含めてインポーター業務から完全撤退し、リテールに徹することになったヤナセは、これまで主力ブランドのベンツ以外にアウディ、BMW(2輪、4輪)の取扱や中古車部門の販売の強化等、いわば新製品開発戦略や新市場開拓戦略に焦点を置いていた。
今回の動きは既存製品・既存市場を深堀りしようという市場浸透戦略の再強化である。

情報格差の縮小してきた現代においてのディーラーの役割、強みは顧客インターフェースにあり、取り分け高級車ではその傾向が強いが、この戦略がどのような結果をもたらすか、大衆車・低価格車を含めたディーラー事業の今後の方向性を占う試金石的な動きとして国産車、輸入車を代表する両社の動向に注目したい。

<寺澤 寧史>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ