本文へジャンプ

コラム

オリックス、マイカーリース契約者を対象に格安レンタカー… 

◆オリックス、マイカーリース契約者を対象に格安レンタカーの新サービス
「普段は小型車をリースで使用し、週末はミニバンを4~6割安く借りる」
<2004年03月01日号掲載記事>
——————————————————————————–

オリックスグループは自動車リース約43万台、レンタカー約5万台を保有する業界のトップ企業である。
この度、オリックス・オート・リースとオリックス・レンタカーとの共同開発によりマイカーリースとレンタカーを融合した新商品『得乗レンタ』サービスを2004年3月1日より開始すると発表した。

この『得乗レンタ』サービスは、2004年3月1日以降のマイカーリース新規契約者を対象とするもので、オリックスレンタグループ共通で利用可能となっている。

このサービスはリース料期間総額50万円以上(頭金・残価・消費税除)の契約者でマイカー契約時に得乗レンタ会員(入会手数料、年会費無料)への入会を済ませ、専用の会員カードを提示することで簡単な手続きで特別 料金で利用できる。

最新の日本自動車リース協会調査によると、個人リースの保有台数はやっと10万台の大台を越えたばかりであり本格的な普及へは、まだかなりの時間を要するものと考えられる。
オリックス・オート・リースのマイカーリースの保有台数は約1万台程度と想定されるが、この得乗レンタと併用することでマイカーリース契約者のカーライフのバリエーションが広がることは確実である。
さらに、レンタカー会社にとってもレンタカー稼働率の向上、現場固定費の平準化に寄与する効果も見込める。
得乗りレンタサービスは、まだ緒に付いたばかりであり先行きを論じる段階にはない。
しかしながら、「初回車検無料サービス」「下取高額売却サポートサービス」などの付加価値商品を提供している同社に新たにこのサービスが追加されたことでマイカーリース契約者にとって高付加価値サービスの享受になりこそすれ、新たな負荷を負わされることはないのであるから、オリックスの個人リース営業担当、OMC(オリックスミリオンクラブ)にとっては、マイカーリースの営業を推進する上でも大きな武器を手に入れたといえよう。

一時、トヨタ自動車は個人リースの普及を図るために、様々な商品政策を講じていたが広く一般ユーザーの理解が得られないことや、営業最前線のディーラーでも温度差があることなどより一部分での展開に止まっている。

また、日産自動車、富士重工業などが近年個人リースに力を入れ始めているとはいえまだ広く認知されている状況とは言えない。
このように、日本では個人リース市場の拡大には、まだまだハードルは高いものの、普及促進への商品戦略を怠らないオリックスグループの動向は多いに注目されよう。

<寺澤 寧史>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ