本文へジャンプ

コラム

カーセブン、オークネットと提携し、中古車販売に「据え置…

◆カーセブン、オークネットと提携し、中古車販売に「据え置き型ローン」導入
金融商品を企画開発するオークサービスが4月から取り扱いを開始へ。

◆横浜銀行と日立キャピタルオートリース、下取り保証付の自動車ローン融資申込み時に3年後の下取り価格をあらかじめ査定し、差額を融資する
<2004年03月25日号掲載記事>
——————————————————————————–

一つ上の長谷川のコメントでは、金融商品について、ローン提供者の立場から取り上げているが、3月25日付の記事では2つの新車・中古車向けの金融商品が取り上げられていた。

ひとつは、中古車買い取りチェーンのカーセブンがオークネットと提携して始めた、「据え置き型ローン=ゴジュッパ」である。
このサービスは、あらかじめローン終了時の車両残価を想定し、その残価を上限にローン返済の一部を据え置くことで毎月の返済額を軽減する仕組みとなっている。

もうひとつは、横浜銀行の新型自動車ローンである。ローン対象期間は5年間。横浜銀行提携先の日立キャピタルオートリースが融資申込み時に3年後の車両残価を査定し、買い取り保証をする。3年後にその残価で車両を買い取ることで、残りのローンを繰り上げ完済することが可能となる仕組みである。3年後に同じ車両に乗りつづけることも可能なようにプログラムが用意されている。

最近では、エフシステムの新車販売Fsytem(6年ローンの3年後買い取り保証付)、ガリバーインターナショナルの中古車買い取り保証付楽乗りプランなど、新車、中古車を対象に様々な金融商品が登場している。

横浜銀行のケースは、日立キャピタルオートリースの親会社である日立キャピタルのJV会社ユビキタスファインテックから提供された車両残価システムを利用しているものと想像される。

カーセブンが提携するオークネットの据え置き型ローンは、オリエントコーポレーションとの共同開発商品であるが、ローン期間終了時に据え置き分のローンを支払うか、売却するかのいずれかの方法を選択することになる。

このような新車・中古車を対象とした自動車ローンは、買い取り保証の有無で大別されるが、残価リスクを取っているのは、横浜銀行、ガリバー、Fsystemである。

これまでは、中古車価格は一物一価とされ、将来の中古車市場価格を正確に想定することは不可能に近かった。

しかしながら、この10年間で新車販売需要が成熟に向かっていったのに反して中古車市場では、オークション機能が充実することで、次第にオークション出品台数の増加を見るようになった。

その隙間を埋めるように、中古車買い取り専業事業者も登場し始めた。中古車買い取り事業者は、買い取り価格を決めるのにオークション相場価格を重視するようになり、査定価格とオークションでの売却価格をデータ化し、分析することで数年がかりで精緻な中古車市場価格予想=残価設定にまで辿り着いたのである。

新車・中古車合計の小売実需は、推定700万台程度と思われるが、各種の調査から自動車ローン比率はおおよそ30-40%である。新車・中古車では、ローン金額に違いはあるものの、市場規模は3.2~4.2兆円の巨大市場である。

自動車ローン市場全体から見れば、これらの企業の自動車ローン事業は緒についたばかりであるが自動車ローンを利用するユーザーにとって選択肢が広がることは、事実である。また、乗り方や走行距離次第では予想残価より高価格で売却することも可能となれば、伸長を続ける平均車齢、平均使用年数にも影響を与えることになるだろう。

<寺澤 寧史>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ