本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(80)  『「書くこと」って大事なんですね。』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。

……………………………………………………………………………………………

第 80 回 『「書くこと」って大事なんですね。』

私はチョコレートが大好きです。だからよく食べます。新しいチョコレートが発売されるとすぐに買って試してみたりもします。2~ 3 ヶ月ぐらい前、そのチョコレート好きが急に度を増してきて、一度食べ始めると止まらなくなったり、また、電車に乗っているときや仕事中などにむしょうに食べたくなることが多くなったんです。
だから、コンビニにで売っているチョコレートは、ほとんどの種類を食べたことがあります。(全く自慢にはなりませんが・・・。)また、いつでもどこでも食べられるようにと、個別包装されたチョコ 10個が小さな箱に入ったものを買い、それをいつもカバンにしのばせています。平均すると、その箱入りのチョコを 1日に 3 箱は軽く食べています。もっと多くて 4 箱、5 箱を食べる日もあります。
恐る恐る箱の裏に書いてあるカロリーを見てみると、だいたいどれも 1 箱 250 キロカロリーぐらいのエネルギー量が記載されています。つまり、私は一日平均 750 キロカロリーをチョコレートから摂取していることになりますよね。毎日乗っている体脂肪計によると、私の基礎代謝量は 1,200 キロカロリーぐらいなので、その半分以上となり、いくらなんでも食べ過ぎです。友達にこの話をしたら、「彩ちゃん、それはマズイよ。太るから気をつけたほうがいいよ。それにチョコも常習性があるらしいよ。このままだとますます止まらなくなっちゃうんじゃない?」と言われ、ちょっと心配になっていたのです。

しかし、カロリーの高いチョコレートをこんなに食べていても、実はここ 2~ 3 ヶ月の間、体重は全く変わらないのです。それどころか、最近、「彩ちゃん、ちょっと痩せたんじゃない?」と言われることもあり、なんかおかしいのです。それに、チョコの影響で虫歯ができたわけでもありませんし、顔に吹き出物ができているわけでもありません。むしろ、前よりも体調が良いような気がするくらい好調なんです。
そして、当然、年末年始の長いお休み中もチョコレートの摂取量は激しく、その上ほとんど家に居て寝正月だったので、きっと今度こそ体重増加間違いなし!と思い、体脂肪計に乗ってみても、やっぱり同じ体重なんです。ちょっとおかしいですよね。

そんな疑問を抱きながらテレビを見ていたら、こんな放送をしていたんです。女優の泉ピン子さんが「レコーディングダイエット」で 15kg 痩せたという特集番組でした。15kg 痩せるってすごいことですよね。ダイエットに成功して痩せてきれいになったピン子さんは、自信に満ち溢れていてとても輝いて見えました。
ところで、みなさん、この「レコーディングダイエット」ってご存じですか?とても簡単なダイエットなんです。食べたものを全て記録する(書く)だけなんです。それで本当に痩せるの???と思いますよね。それが、意外にも成功する人が多いそうなんです。
毎日、食べたものを全て書き出してそれを見ていると、自分が 1日に食べたものを客観的に見ることができるんです。「あー、私ったらこんなに食べているんだわ」と食べすぎを痛感したり、「油っこいものが多いな」とか「野菜が少ないな」といった食事の偏りを感じ、自分の食生活の良い点悪い点などの「気づき」をもたらすそうです。また、食べたものを全て書き出すということは、食べたものが多ければ多いほど、書くことが面倒になりますよね。だから、無意識のうちに「後で書くのが面倒だから少なめに食べよう」という制御が働き、食べる量が減ってくるそうなんです。
この番組を見て、私もやってみようかなと思ったのです。ダイエットではなくて、「書くこと」をです。チョコレートを食べ過ぎても体重が変わらない不思議な疑問を解決するために、食べたものを全て記録してみたんです。実は、元旦から毎日書いています。記録し始めて 2 週間が経ちますが、自分が書いたものを見て、すでに気づいたことがあります。
それは、チョコレートを食べる時間帯です。だいたい、朝ごはんの後とお昼前、あとは午後のおやつの時間帯に食べることが多く、お夕食の後や寝る前はあまり食べていないのです。そして、チョコレートでおなかがふくらんでいるせいか、お昼もお夕食も、以前よりも少なくなっているような気がしたのです。そういえば、以前は、お昼に食べるパスタなどは普通に大盛りで食べていましたし、お夕飯だって、ご飯はお茶碗 2杯を食べていました。でも、今は 1杯でおなかがいっぱいになります。食事と食事の間に食べているチョコレートのおかげで、1 回の食事量がセーブされているみたいなのです。だから、チョコレートを食べすぎでも体重をキープできているのかもしれません。
私はこんなふうに自分が書いたものを見て、わずか 2 週間ですが早速新たな「気づき」がありました。つくづく、「書くこと」って大事なんだなぁと実感しています。手や目を使って脳を刺激しながら、「考える→それを書く→それを見る→気づきがある→改善しようと思う→その策を考える」というサイクルを回すと、発想が豊かになると思うのです。
そして、人間は部分的なことを考えているときは全体を忘れているため、全体像が見えなくなりがちです。でも、書いたものを見ながら考えると全体と部分の相互関係もわかってくるのです。つまり、「書くこと」は、人間の記録力の弱さの補完になっているんですね。また、文字だけじゃなくて絵や図なども入れて書き、それを見るほうが、右脳にも働きかけるのでより効果が高そうな気がしてきました。絵日記のような絵と文字の両方の記録方法は、実はとても発想を豊かにすることにつながっていたんですね。

私は「書くこと」のおかげで年始早々新たな気づきがあり、スタートダッシュができた気分です。なんだか今年も良いことがたくさんありそうです!

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ