本文へジャンプ

コラム

AYAの徒然草(48)  『おじいさんに救われた一日』

仕事で成果を出すことにも自分を輝かせることにもアクティブなワーキングウーマンのオンとオフの切り替え方や日ごろ感じていることなど素直に綴って行きます。また、コンサルティング会社や総合商社での秘書業務やアシスタント業務を経て身に付けたマナー、職場での円滑なコミュニケーション方法等もお話していくコーナーです。
……………………………………………………………………………………………

第48回 『おじいさんに救われた一日』

「おねえさん、ちょっとお話してもいいですか?」とナンパされました。と言っても、ナンパされた場所は病院の待合室。しかも、ナンパしてきたのは、私の祖父が生きていたとしてももうちょっと若いだろうなぁと思うほどの、とてもご高齢のおじいさんでした。

先週、久々に大風邪をひいてしまったんです。こんなにひどい風邪は何年ぶりだろう???と思い出せないくらいです。熱と咳にうなされて、夜、ベッドに入っても苦しさの余り眠れないほどでした。今まで、少し熱っぽいなぁとか、ちょっと喉が痛いなぁとか、少し鼻が出るなぁというような小風邪の類はしょっちゅうひいていました。でも、そんな時は市販の風邪薬とビタミン C のサプリメントを数日飲み続ければ、風邪にまで至らずに治っていたんです。しかし、今回の風邪菌は、私のそんな風邪予防策が効かないほど強烈でした。

しょうがなく、会社を一日休んで、家の近くの病院に行きました。そこは、近所でも評判のクリニックで、いつ行っても大混雑していて長い時間待たされます。午前中は事前に予約を入れている人が優先されるので、朝から行っても午後から行っても、結局診てもらえるのは午後になってしまうことを私は知っていました。だから、最初から午後の診察時間に合わせて行ったのですが、行ってみると案の定、待合室のソファの空きがないほど患者が待っていました。

私がそのクリニックが好きな理由は、先生(男性)が明るく元気いっぱいな人なので、診てもらうだけでも病気が治るような気がするから。というのは表向きの理由で、実はそれよりも大事な裏の理由があります。それは、先生が、あまりカッコよくないところが良いのです。(先生、ごめんなさい!)体調が悪い時って、顔色は悪く、目はうつろ、目の下にクマはでき、おまけに鼻のかみ過ぎで鼻の下は赤くなり、きっとすごい形相になっていると思うんです。その上、気力がなくてお化粧もほとんどせずにいます。そんな姿は、カッコいい人には見られたくないというのが女心というものです。

そんなすごい形相で、まるでこの世の果てと言わんばかりの私を見て、おじいさんはきっと私に声を掛けずにはいられなかったんですよね。

「あそこに飾ってある絵、どこの景色だかわかりますか?」
「う~ん・・・。見たことがあるような気もしますがわかりません。どこで
すか?」
「あれは、ヴェネチアなんですよ。つい先日まで旅行で行っていました。
二度目だったんですが、とても素晴らしいところです。あなたは行ったこ
とがありますか?」

待合室には、大きな風景画が飾ってあったんです。おじいさんに言われるまで、私は全くその絵に気づいていませんでした。病院の待合室にとても似合う優しい色使いのヴェネチアの町を巡る水路と橋の絵だったんです。

ひとしきり、おじいさんとヴェネチアの話で盛り上がっていると、おじいさんは受付から名前を呼ばれ、私に笑顔で会釈をしながら診察室に入って行きました。

私はおじいさんとの会話の後、自分の番を待ちながらヴェネチアを訪れた時のイタリア旅行を思い出していました。ローマでは、名画「ローマの休日」に出てくる所へ行って主人公のアン王女と同じように真実の口に手を入れてみたり、スペイン広場でジェラートを食べたりしたよなぁとか、ナポリでは本場のピザを食べてあまりの美味しさに感動したよなぁとか。

そんな楽しい思い出のお陰で、苦痛な待ち時間がとても短く感じました。待っている間に少し気が楽になってきたんです。それに、おじいさんの笑顔を見たら、私が小学生の時に亡くなった祖父との思い出が脳裏に浮かび、なんだか普段の生活に追われていると忘却のかなたへ送り込まれてしまいそうな温かく懐かしい思い出たちがよみがえってきたのです。私はあの日、おじいさんの優しい気遣いと笑顔に救われた一日になったのです。

風邪をひいたお陰で優しいおじいさんと出会えたことは良いことでしたが、でも、会社を一日休み、周囲の人に迷惑を掛けたことも事実です。それに、つくづく、健康じゃないと仕事ってできないんだなぁと痛切に感じました。大風邪をひいたのは、「もうちょっと自分の身体を大事にしなさいよ」という神様からの黄色信号だったのかもしれないなぁと思い、ちょっと反省しています。
みなさんが、毎日仕事に邁進できるのも、また、好きな趣味に没頭したり家族との楽しい時間が過ごせるのも、健康な身体があってこそです。これから秋が深まり、冬の到来と共に空気の乾燥で風邪が流行る時期です。みなさんも、どうぞ風邪などお召しになりませんように。

<佐藤 彩子>

  • コラム
  • 業界アンケート
  • 書籍&レポート
メールマガジン

住商アビーム自動車総合研究所が発信する各種情報をご紹介します。当研究所のスタッフが日々移り変わる自動車業界を、経営と現場を結ぶ視点で紐解いた記事やコラム、等です。

無料配信申し込みはこちら
PDF メルマガ見本はこちら

News -プレスリリース・メディア対応 自動車業界ライブラリ

UPページの先頭へ